火:介護福祉

身体は知っている #543

2022年5月連休が始まりました。

世間が連休のため、お仕事でも空気感が違います。

 

空気、それは四季折々で変化していきます。

若者、高齢者、要介護者、場所、時間…

弱者や、年齢を重ねるにつれて、空気を読む力が増してきます。

 

4月17日から土用の時期に入っていました。

5月5日の立夏の前日まで18日間が春の土用です。

土用は、年に4回あるので、年間72日間は土用期間です。

 

土用は、何の日かというと、地を固める日です。

季節の変わり目のため、身体に様々な変化をもたらす時期です。

※どちらかというと、不調がつづく期間になります。

だから、新しいことはせずに、じっと足下を見る時期になります。

 

若いときは、勢いがあるので、少々の天候でも元気でしたが

年齢を重ねるにつれて、知識が付き、理解できるようになりました。

 

土用明けが近い、5月連休の頃

大阪では、朝5時前になると明るくなります。

1ヶ月前だと、まだ眠たい時間でしたが、不思議なモノで

自然と、目が覚め、身体も起き、頭も冴えてきます。

 

身体は正直です。

たくさんの要介護者や患者さんを診てきて感じます。

要介護になった人は、要介護になる用意をしてきた人だし

患者さんになった人も、患者になる前段階があった人です。

 

自然と調和できるようになった?と感じるには

長い時間が必要かも知れません。

月初、年始め、4年おき、ある程度の時期を経てから

振り返ってみると、だいたい同じ時期に、おなじ行動を取っていることに気付きます。

 

その行動が正しいのか、間違っていたのか

それは、その後の経過が示してくれています。

 

土用の期間は、じっとして身体と対話する期間

土用明けから次の土用までは、次のステージまで上がっとく。

土用は階段で言うところの、踊り場かもしれません。

 

つまり、人生は前にしか進みませんが

後ろ向きにしか分からないということです。

 

連休中、介護は休み無しですが、

医療はお休みの処が多いです。

 

ちょっと振り返ってみませんか?

私たちは、自然の僅かな一部分なんですから。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

【Photo:朝取れイチゴ】

IMG_4613
 

LINEで送る

令和版5月病とは??? #514

6月が始まりました。

テレワーク初心者の村田です。

コロナ解禁により社会が動き始めましたね。

 

しかし、今までとは違う環境です。

この3ヶ月の自粛生活により

多くの働き方が変わってきました。

 

働き方然り、介護保険施設を利用していた方も

外出自粛により、軟禁状態の生活でした。

 

例年なら、5月、6月と【5月病】が出てきます。

 

入社、入学の1ヶ月、2ヶ月後に疲労が出てきたり

長期連休後に、体調不良になったり、やる気がない、

環境に馴染めない、適応障害が現われやすくなります。

 

しかし、今年は違いましたね。

通勤、通学がない。デイサービスに行かない。

テレワーク、オンライン授業、電話確認。

 

これから【5月病】が始まります。

【5月病】そのものがなくなります。

さて、あなたはどちらでしょうか?

 

オンラインの場合

在宅が一瞬にして、職場や学校になります。

電源を切るしか、逃げ場がなくなります。

新人さんじゃなくても、新しい環境になります。

 

解決策は、オンラインの活用です。

① 今の、気持ちを誰かと共有する。

② ささやかな楽しみを見つける。

③ オン・オフをはっきり分ける。

 

②のささやかな楽しは、ささやかな【目標】です。

これが、終わったらゲームしよう。

これが、終わったらビール飲もう。

これが、終わったらお菓子作りしよう。

これが、終わったら掃除しよう。

 

始まりがあれば、必ず、

終わりがあることを知っておきます。

 

令和時代から生活様式がガラッと変わります。

変化を楽しみながら、進化していきましょう。

人間は、環境に適応できるようにプログラムされてます。

 

Sunskytherapy

サンスカイセラピー

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:ヤマアジサイ】

IMG_4036
 

 

LINEで送る

STAY HOME とフレイル #507

いい天気なのに、STAY HOMEのアナウンスに

まったくもって違和感を感じる村田です。

 

火曜日は介護福祉ブログ

ステイ・ホームをしている人が増えました。

町の明かりも20時には消えています。

 

今、在宅率が多いので、高齢者の

運動機能や認知機能が低下しやすくなっています。

 

【フレイル】とは

加齢により、心身が老い衰えた虚弱状態をいいます。

しかし、適切な介入と支援が行われれば

生活機能の維持向上へ導ける可能性があります。

 

フレイルの目安として

  • 体重の減少(年間5%以上の体重減少)
  • 疲れやすい。
  • 何をするのも面倒だと週に3~4日以上感じる。
  • 歩行速度が低下する。
  • 握力が低下することもあります。
 

”加齢”が基本ですが、加齢の低年齢化

ある意味、高齢化が進んでいる現代では

もはや、

高齢者ばかりを意味することではない気がします。

 

フレイル対策として

太陽にあたりましょう!!!

 

今は、ステイ・ホームの推奨ですが

できるだけ、太陽が入る部屋にいるか

自然の光を感じられる部屋にいましょう。

 

デイサービスも休み

デイケアも、通院も休み

近所付き合い、お茶会も休み

どんどん、殻にこもってしまいます。

 

今は、致し方ありませんが

カーテンを開けて、窓を開けて

いつもと同じ規則正しい生活を送りましょう。

 

加齢に伴って生じる骨格筋量と骨格筋力の低下することを

【サルコペニア】といいます。

つまり、筋力の低下と、虚弱状況は関連し合います。

 

職人も、二日空くと、感が鈍ってきます。

若者でも一週間引きこもったら、筋力低下を起こします。

自分でできることは、自分でやり続けましょう。

 

介護認定が厳しくなり、

自立せざるを得ないひとが増えてきています。

筋力アップすれば、虚弱脱却の可能性があります。

 

家の中でもできること

自然の光が入るところで

ステイ・ホーム

窓開け、換気をしながら

ステイ・ホーム

 

太陽にあたれば、

きっと、身体がムズムズして

動きたくなりますから!

 

サンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:春らんまん】

IMG_3466
 

 

 

 

LINEで送る

あなたのために #495

中国語って分かるけど、なかなか聞き取れない村田です。中国人専用の介護保険施設にも行っています。まるで異国で楽しいです。言葉は通じないし、文化も違うので、毎回、毎回、驚きと発見の繰り返しです。

 

リハビリ体操したり、個別機能訓練したり、認知症予防だったり、時には日本語教室みたいなことをやってみたり、介護保険施設なので、利用者さんは、元気そうに見えても、全員が要介護もしくは要支援状態の方になります。ケアプランも、機能訓練プランも個別に違います。

 

体操に一度も参加されない方がいらっしゃいます。話しを聴くと、中国で太極拳の先生をされていたそうです。(※以後は彼と表現)しかも中国ではかなりの上段者で、審判もされ、太極拳のいろいろな種類すべてできるそうです。彼はいつもYouTubeを見て過ごしています。呼吸器系の問題で体操に参加されないとの話しでした。

 

しかし私も、『太極拳をやっている』と伝え、少しだけさわりの部分をやって見せました。すると、彼は目をキラキラ輝かせながら、『もう一回やってみろ!』といい、太極拳のお手本を見せて下さいました。衝撃的でした。これが本物か???というくらい、足を開く動作から始まり、起勢の動き、どこにも滞りがなく、リラックスされ、一番メジャーな簡化24式太極拳を見せて下さいました。それから、『陳式』(太極拳の源流)の演武を見せていただき、5分ほどの動きでしたが、息切らしながらも、ものすごくリラックスされ、いわゆる本物を演武していただけました。

 

私が何をやっているか分かるもんだから、彼もだんだん嬉しくなり、私に教えてくれるようになりました。言葉は分かりません。でも、太極拳経験者なら分かる動きでした。できない私に教えて下さる。そして、まったく興味無いわけでなく、太極拳に興味がある私だからこそ、彼も嬉しくなり、熱心に息を切らしながら教えて下さいます。まさに個別リハビリです。

 

彼の個別リハをしなくてはいけない

私は太極拳が好き。彼は先生。

太極拳を教えたい彼と、個別機能訓練をしたい私

見事に合致しました。

 

彼のために、陳式太極拳56をおぼえよう!』

 

Sunskytherapy

太陽にように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになって行っている

 

【Photo:秋。色づく葉】

IMG_0721

LINEで送る

サービス担当者会議 #493

通称、サ担ともいいます。

なんでも略したらかっこいいと思ってしまう村田です。

 

10月に入って2件のサ担がありました。

基本、鍼灸は介護保険外なんで

よばれることはないんですが、

 

患者様(※介護保険では利用者様)の

回復が著しいとか、介護保険の利用が減ってきたとか

介護度が軽くなったとかで、よんでいただけています。

ありがたいことです。

 

自費の患者様

医療保険の患者様

介護保険の利用者様

 

他機関や他業種が、患者様のために

何をしていて、なぜそれをやって、何が変わって

今後どのような関わりをしていくのか???

そんな担当者間での情報共有になります。

 

サービス担当者会議は介護支援相談員(ケアマネジャー)が主催者となる会議で、厚生省令第38号 第13条の9にて、その開催が定められています。

 

介護保険で関わろうと

自費で関わろうと

施術に関しては、同じです。

 

制度云々よりも、

対・人対人の関係作りが大事なんです。

優秀なケアマネさんと関われると安心です。

 

あなたのニーズを聴いて

私がサービスを提供する。

問題は、本当のニーズを聴き取ること!

 

みんな理由があるんです。

そうなりたい理由が必ずあります。

患者様のなぜ???をみんなが共有できると

最高のチームケアができあがっていきます。

 

介護福祉での関わり方は

医療での関わり方と少し違います。また、

保険での関わり方と、自費も変わります。

 

目的と意図を明確に。

 

※サンスカイセラピー鍼灸院は、医師の同意があれば保険治療が可能です。ただし、要介護2以上の歩行困難が望ましいです。介護保険のリハビリに不満な方、介護保険の利用限度額オーバーの方、心身の機能回復にお困りの方はご連絡くださいませ。適切な対応ができるように準備しています。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:百合の花】

IMG_8984

LINEで送る

平成の患者さま急増中 #479

平成っていうと、子ども!って…。

まだまだ思ってしまう村田です。

しかーし!平成生まれの人も

もう、30歳!あれよあれよと

パパさん、ママさんになっていってます。

 

平日、電車に乗ると通勤通学の方

車椅子、全盲、障がい者の方

ふだん出会わない方をたくさん見る機会があります。

 

あの人も、あの方も、あの子も…

患者さま達の日常の光景を思い見ることができます。

学校卒後5年生でも、まだ平成生まれが多いですよね。

 

今の若い子は…

って僕たちも若いときに散々言われました。

時代は同じように巡っていきます。

 

しかし、昭和と平成と大きく違うのは

肉体労働者から頭脳労働者へと

移り変わったことでしょうか?

 

パソコン然り、スマホ然り、

顎が前にでる。頭が下を向く。

同じ姿勢が長時間続く。

 

そして、頭を使い、気を使う。

動かすところは、頭と顔、表情、五感…。

 

時代は平成から令和になりました。

令和元年に身体の不調とはオサラバしませんか?

 

過ぎ去るから【過去】

過ちが去るから【過去】

今、今、而今

明るい日と書くから【明日】

 

サンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

♪進むべき道なんて自分で決めるのさ

行くしかないだろう【コブクロ:DOOR】

LINEで送る

施設(病院)職場にも訪問してます。 #471

2006年訪問鍼灸業者は少なかったです。

今は、とても多くなりました。

 

当院の患者様の多くは

あちこちと院を回られた方がほとんどです。

 

先天性疾患の10代

後天性、事故で大病生活の20代

ある日突然の大病の30代

寝たきり生活20年の40代

脳疾患、肢体不全の後期高齢者

 

また

元気バリバリ中高生のスポーツ障害

現役の会社員に自営業者

家族介護の介護従事者

主婦に主夫

 

バイクで回っているため

電話にはほぼでれません。

 

しかし、ほとんどの新患さんの時

不思議と、ホント不思議と電話が取れます。

想いが電波にのり繋がるのでしょうか?

 

あちこちと院を回られ、

さまざまな施術を受けてこられた方です。

はっきり言って健康マニアの方が多いです。

やたら医療に詳しいです。

 

 

いちばん長く訪問行かせてもらっている方は

もう10年になります。

リハビリ兼ねての保険適用の方で週1~3回程度

疲労回復、急性期、忘れた頃にの方で年数回。

 

施設や病院、会社、事業所にも訪問しています。

 

私も介護施設や病院でも働いていました。

しかし、施設や病院のリハビリや治療が合わないからと

依頼を受けます。正直複雑な心境です。

施設サイド病院サイドの許可が貰えれば訪問可能です。

 

行動範囲的に大阪泉州地域がメインになります。

堺市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市

大阪市内・他府県は要相談ですが

意外となんとかなるようになっています。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【写真】春です。さて何の芽でしょうか??

IMG_6435
 

 

 

LINEで送る

寒い時期のセルフケア #465

『摩る』と『撫でる』の違い??

 

摩ると、撫でると、どう違いますか??

もう一個いうと、『擦る』もありますね。

強弱の順番は

 

『撫でる(なでる)』 < 『摩る(さする)』 < 『(擦る)こする』

 

寒くなったり、暖かくなったりの師走前

まだまだ気候が落ち着きませんね。

この時期、肩甲骨の内側や、肩、背中に

コリが出る人が多いです。

それも夏の頃の、べた~と広い範囲のコリでなく

5円玉くらいのピンポイントのコリです。

ちょうど、弦を弾くようなコリコリがあることが多いです。

 

背中は自分で摩ったり揉んだりできませんね。

家族やパートナーにケアしてもらってもいいですが

如何せん、素人の場合

 

『あ…、そこじゃないんだけど…、、、、』

 

と気ばかり遣ってしまう羽目になったりと…。

でも、大丈夫です!!

心配ありません。無問題。

 

一人で簡単にできるセルフケアがあります!

 

それは、シャワーで背中や肩甲骨のコリの部分を当ててあげることです。

少し熱めの温度で(私は43度か44度)1分から2分くらい当てます。

ちょうど、後髪の生え際あたりにシャワーを当てかけて掛け流します。

シャワーで撫でるってイメージでしょうか。

 

コリの多くは血流不足が考えられますので

コリの周り全体から、熱い刺激と、シャワーの刺激

ダブルの優しい刺激を、コリに当てて解してあげます。

 

寒くなってくると、どうしても前屈みになったり

身を縮こませたり、丸くなったりする姿勢が多いですよね。

肩甲骨の内側に洗面器があるようなイメージで

お湯を溜めるような感覚でシャワーをあててあげます。

 

きっと、呼吸が楽になってきます。

呼吸が楽だと、

全身に酸素が行き渡りコリも小さくなってきます。

介護者も要介護者も、背中が楽になれば

もっと快適な毎日を過ごせるかと思います。

 

お試しあれ。

 

ポイントは、熱めで長めのシャワーで撫で流す。

 

※顔もアリですね。また次回書きます。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のようにすべてを包み込む

セラピストになっていっているretina_abikata

LINEで送る

座ってる時の痛みが、5から1になりました!! #460

あれっ?『5』だった痛みが『2』になりました!!

こんな言葉をいただけると

やっぱり嬉しいし、やって良かったって思うんだ。

いつも、新患の時は、どんな人か

どんな症状か、どんな施術しようか、

ワクワク・ドキドキ感が半端ないんだよね~。

 

:腰痛

:アラフィフ

:事務員

:人口骨頭置換術後

 

問診して、検査して

ファーストコンタクト約3分

最初の痛みが『10』なら今は?

『10』の痛みが『5』になりました。と。

仰向けで、KYT①②だけ。

(Ken Ymamoto Technique)

 

『週何回くらい治療してもらったらいいですか?』

 

「週何回!?、あっ、ぼくは今日だけのつもりなんで

後は、セルフケア教えときますね。」

 

□・・・・・・・・・・・・・・・・

 

週何回…、週何回もしなくていいですよ、

治すのは、ぼくじゃなくて、YOUなんだからさ。

YOUがきちんとSelf-Careしてくれれば

あっ、たまに、ぼくがチェックする分にはいいけど

今から教えるSelf-Careで大丈夫よ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・□

 

今までにも、いろいろな人にさんざんセルフケアを指導した。

しばらくして、

『全然改善しない!!」

ってって声を聴くことも正直あった。

で、チェックしてみると、大きな勘違いや

左右が違ったり、内外が違う

真反対のコトをされてる方を

たくさん見てきた。

 

だから、今までの反省点を踏まえて

きちんと、納得するまで、

ビフォーアフターを体感できるよう

セルフケアをお伝えさせてもらった。

 

これしとけば大丈夫って言っても

その人の性格や生活環境、趣味や嗜好

家族構成や、仕事上の立場役職

なぜ、腰痛になったのか?ってとこから

どうすれば、良くなっていくのか?を

因果論的思考でなく目的論的思考で紐解いていく。

万人のケアでなく、個別のケア

だって、人工骨頭入ってるから要注意だからね。

☆・・・・・・・・・・・・・・・彡

今夜の新患さんは

愛溢れる方で、『愛』や『幸せ』を口に出せる方だった。

だからこそ、不安を安心に、不信を自信に

そして、もっと『豊か』になってもらいたかった

と、ぼくの勝手な願いもあったし…

そんなコトを思いながら、ヒントを出してみた。

・・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

★支払いが終わり

 

『センセ、コーヒー淹れましょか?』

 

「帰ってからビール飲むんでいいです。」

 

玄関まで見送ってくれ、階段を降りた時に一言

 

※今は、ほとんど出張往診にでています。

 

『あっ、痛みが2から1になりました!!

なんか、全然違う、スッキリです。』

 

「よかったです。ありがとうございます。(*^-^*)」

 

どんなお仕事でも

必ずEndUserがいてるわけで

事務仕事だから直接お客さんに関係なくても

製造業でも、配送でも、工場でも

必ず、お客様の役に立ってるわけなのね。

あとは、彼女がきちんと

心と身体のセルフケアをしてくれれば

大丈夫、大丈夫!!だいじょうぶ!!

 

サンスカイセラピー

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

 

『スクリーンショット』携帯番号で検索してもらったら、モルツを抱いたLINEが出てきます。Murata Takeshi(村田健)Love & Courage(愛と勇気) ※双方のタイミングが合えば、往診可能です。

 

IMG_4231
 

LINEで送る

介護痛・医療介護支援者の方へ #0448

セキュリティーアップ明けの投稿です。

この20日間いろいろ気付けた村田です。

 

当院をご利用になられている患者様の

半分以上は医療介護従事者の方です。

患者様や要介護者のために

自らの命を削って職務を全うされています。

 

腰痛や肩コリ、頭痛、

しいては職場環境がつくり上げる

心の病、悩み、精神疾患を患いながら

目の前の困った方の苦痛を

和らげている方ばかりです。

 

私も、医療従事者として

身体の辛さ、相手の幸を願う想い、行動

とてもよく分かります。

 

過去に、施設や事業所、事務所の部屋を借りて

職員さん向けに訪問施術したこともありました。

たいへん喜ばれた反面

本音のところは、

『職場は職場で癒される場所ではない。』

『一刻も早く職場からでたい。』

『ほかの職員の目が気になって休まらない。』

などの声をいただきました。

 

しかし、急性期の腰痛やギックリ肩

ちょっとして欲しいって方には

とても喜ばれました。

だって数分後に不調が回復できたら

入浴介助やベッド移乗、送迎が

安心安全で行えますからね。

 

専門用語でいうところの

『邪気払い』でしょうか。

患者や利用者、上司、部下でない

利害関係のない私と関わることで

緊張がほぐれ楽になるケースってことです。

 

たくさんの業種の患者様の中で

私は、特に、医療介護従事者の方を

応援しています。

 

あなたが心豊かに健康であることで

目の前の困った方を救えるからです。

 

 

-主な訪問・出張地域-

 

堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市南区

 

和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』マンサク。今年は寒暖差が激しく春花の順番がバラバラでしたね。

IMG_2784

LINEで送る

1 / 812345...最後 »

▲TOPへ