関西でも梅雨入り間近ですね。

 

新患さんからよくお聞きする言葉です。

 

「すごく良くなりました」。

「知りたいことを教えてもらいました」。

「お話しがよく分かりました」。

 

確かに、分かりやすいように説明する努力はしています。

極力、1回~数回でよくなるようにしています。

何が知りたいか、困っているか、ヒアリングするようにしています。

 

ただ、

私が良いのでなく、患者さん自身が今までに関わった

治療院や病院で効く(聞く)下準備ができていただけのことです。

A院・B院・C院と渡り歩いて、知識も経験もついてきた頃に

私と出会っただけのことです。

 

患者さんの本当のニーズに合っただけのこと。

 

もし、まったく治療院に行ったことがなく、私が一番最初だったら

ひょっとすると、理解できるまで時間がかかったかもしれません。

(※そうならないように日々努力に夢中です。)

 

今まで、あなたが関わった治療院に感謝しています。

比べる材料ができたお陰、それだけでも患者さんの視野が広がります。

なんでも、お試しがあります。味見があります。予習があります。

 

それから「本番」です。

もしくは「復習」の方がよく分かるかも知れません。

簡潔にいうと出逢いは「ご縁」です。

 

あちこちの治療院の中から当院を選んでくださり

本当にありがとうございます。

 

著書の紹介

「令和時代の健康ハンドブックBASIC」

amazonのみで発売中。たくさんのレビュー頂いております。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

【Photo:バラ:岸和田中央公園】

IMG_0023 (1)

LINEで送る