2019年8月の一覧

運動不足の治療 #491

帰省したら、家族の治療が待っていた。

 

□ 男性

□ 40代

□ 整形外科では『座骨神経痛』と診断

□ 膝裏からふくらはぎにかけて痺れる・痛くて触れない・立つのも辛い・盆休みの家の用事もできない・運転が辛い

□ ネットで調べたが、方法が分からない

 

1、KENポジションをやってみた

⇒痛みが10→8になる。

2、KYTベーシックNo1

⇒痛みが8→5になる。

 

立位になってもらうと、鎖骨の動き、肩甲骨の動きが硬い。対側の鎖骨を押さえると圧痛。(患側の大腿筋膜腸筋も)

 

3、鎖骨の圧痛除去

4、肩甲骨回し

⇒痛みが5→2になる。

 

『だんだん触れるようになってきた!』と声が出てき始めた。繰り返し、またKENポジションをやってもらうと、さっきより(5分前)かなり楽にできる。

 

5、足指組み(両方)

1、3、4、5、をしばらく自分でやってもらう。その間は、身体のお話をちょことだけした。家族の治療っていっても、妹の旦那さん、つまり適度な距離感がある。しかも、年に1~2回しか合わないし、家族が多いので、まともに会話し始めたのは、今年の正月からかもしれない。まず、緊張を取ることから始めることが大事。

 

遠くに離れていたり、頻繁に治療できない場合が多いのは、お互いに理解している。だから、セルフケア重視で自分で治っていく感覚を体感してもらった。つまり、私は特に触らない。2、KYTベーシックのNo1だけは触った。

 

セルフケアならサンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:紫香楽宮】

IMG_9495

LINEで送る

熱中症解決策 #490

快晴の8月5日。たくさんの快晴LINEが来ました。

快晴はほんと気持ちも晴れ晴れします。

 

ここ10日位、特に先週はほんとしんどかったですね。

梅雨終わりからの、暑さ増しや、大雨や雷

台風も発生してきました。

 

そして、熱中症が大量発生です。

ニュースでもたくさん取り上げられましたね。

 

私自身も、昼食後以外でも極度の眠気が起こり

とても、つらい時間を過ごすことが多かったです。

 

でも、昨日、今日と、かなり楽なんです。

私自身の熱中症の予防、解決策を列挙しておきます。

 

ニンニクラーメンを食べた。

⇒身体が純粋にニンニクパワーを欲していた。

 

塩を積極的に摂るようにした。

⇒水(500㎜)に耳かき2~3杯の塩を入れて飲む。

⇒スイカは必ず塩をかけて

⇒夏野菜はほぼ塩でたべる

 

適度なお酒の量に変えた。

⇒3日ほど空けて飲む、毎日は止める。

⇒飲まなかった次の日は身体が楽

 

クーラーを朝まで付ける

⇒今まで午前3時に切れるようにしてた。

⇒日の出まで熟睡できる。

 

米を食べるようになった

⇒カレーライスを週に3回ほど食べた。

⇒とにかく、米が恋しくなった。

 

昼寝、瞑想、眼閉じを無くした

⇒今までは、10分ほど眼を休める意味で眼を閉じてた。

⇒眠いときは、あえて起きておくようにした。

 

暑さに慣れてきた

⇒クーラが苦手だから極力使わなかったが、クーラーをつけても温度差の変化になれてきた。

 

鍼灸治療をした

⇒パイオネックス(貼鍼)を貼ることでかなり楽になった。

 

シャワーを日に数回浴びる

⇒ミラブルに変えたから、ホント身体が楽なんです。

 

・整理整頓をした

⇒身の回りの整理をすこしだけした。

 

【考察】

バイクの走行距離は月1,000㎞以上。炎天下の酷暑のなか、バイクで訪問治療で回る。気温よりも湿度との戦い。信号待ちで停車すると、アスファルトの輻射熱、上からの太陽、前からの排気ガス、横からの車の圧。ヘルメットをかぶって下を向いたり、上を向けば、フラっとくるのも事実。栄養面、身体面、精神面、鍼灸治療とすべての効果が相乗でてきたと考えられる。

 

ここ10日ほど、独居嬢達が熱中症で搬送された。2人に共通していたことは、【塩分制限】だった。高血圧や、塩分制限を心がけていて、水分補給は『水』『お茶』『コーヒー』お酒は飲まない。いつも通り塩分制限の毎日だったから、汗で出て行くのに、水飲んで血が薄まって、体液バランスが崩れたのが原因と思う。この時期のしんどいは、十中八九、熱中症と思う。

 

無理せず、休んで、塩食べて、補給

 

今欲しいものはなんですか?

『塩昆布が食べたい』『オカキが欲しい』『寿司が食べたい』『こってりしたモノが欲しい』『カレー系がいい』食養生も大事だけど、クーラーを24時間付けたり、24時間クーラーのいるところで身体を慣らしたりすると、熱中症の予防になる。食欲がないときは、塩昆布、梅干しだけでも口に含めば多少は食欲でてくると思う。

 

去年につづき、今年も酷暑です。

命を守る行動、いつまでも若くないんだから

でも、『塩』は積極的に摂ると予防はできます。

 

サンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:喜多整骨堂隣の3メートル越えの向日葵】

IMG_9418
 

 

LINEで送る

治療は簡単、簡単は難解、難解はおもしろい! #489

春以来の勉強会

勉強会に行くとスッキリする!?

なんでだろう?その理由が分かった勉強会だった。

 

今日は鍼灸の勉強会

鍼灸師になって23年(1996年取得)

臨床も1万人以上はこなしてきた。

(春のYNSAもだんだんコツが分かってきた感じ)

 

でも、万が一って事例があるのも事実だから

万人に一人、10万人診てたら10人。

臨床経験していないと、分からないことばかり?

いや、今まで臨床してきたからよく分かったのも事実。

 

同じ内容を学生時や、卒後に聞いてても

きっと、ちんぷんかんぷんだったと思う。

 

今日は、刺さない鍼のセミナー

いつまで経っても不思議な現象

でも、23年やってきて、太極拳も3段とって

点と点が線につながってくると、見えてくるものがある。

(武術と治療はよく似ています。陰陽・内外虚実)

 

臨床実習でも、あれよあれよと症状が消えていく。

首の側屈回旋から、下肢の症状まで

それこそ、ものの数秒、数秒はいい過ぎでも、30秒以内か。

(同じような治療の勉強会に何年か前に参加したことあったけど、そのときは、正直いまいち分からなかった。だから、治療器具もそのまんま、、、でも、今日はその時購入した治療具を使ってみると、症状が改善された。使い方だったのか、教わり方だったのか、たぶん、太極拳3段・4段の稽古と治療具の使い方は似てるところがあるから、施術者(私)の身体ができてきたから、効果があったのかもしれない。勉強はなんでも同じで、おなじコトを聞いても、その時の、自分自身が受け取れるレベルでまるで変わってくる。今なら分かることもたくさん増えた。)

 

講師の言葉

『鍼灸師を選んだ時点で、”気の住人”なんです。』

が特に響きましたね~。

今だから、分かるし理解もできる”気の住人”

 

”気”の場に集まる人達

だから、スッキリする。

なんの”気”??

(元気だったり、やる気だったり、英気だったり、人のためは自分のためで、思いやる気だったり、フォーユーだったり、誰かを思い浮かべながら学びに来る向上心の集まりの気。”気”はイメージで思うこと。イメージが集まると絵を描きたくなる。絵は形。形は設計図。設計図のゴールはあなたの豊かな人生。)

 

気の集まりが”血”つまり、無形の集まりが有形?

気を操作するには”鍼”がいちばんいい

血(有形)を操作(調整)するのは”灸”がいい。

 

血は水で、灸は火だから。

解釈はいろいろだけど、ようは

患者さん自身が楽になってくれればいいってこと

 

早速帰宅後、家族で実験

ちょうど、下肢痛(スネ)・右首痛・右頭痛あり

主訴は生理痛の家族

 

ならった技術、ものの数分、あとは

春の勉強会のYNSAを織り交ぜる

だから、正味15分かかってない。

 

抜鍼後、数分で、口を開けて爆睡されました。

面白い。勉強会のアウトプットはおもしろい。

特に、治療系の勉強会、セミナーはおもしろい!

 

月一回は勉強会に行きたいのは本音のところだけど

家族持ちの先生達は大変なんだろうな~

(夏休みだし、暑いし、勉強会は日曜日だし)

そんなことを考えさせられた勉強会でしたね。

 

鍼灸は奥が深いけど、理屈理論は簡単。

簡単なものほど難しい

私たち鍼灸師は”気”の住人です。

すべてそこに答えがあると思えば、点と点が線に繋がっていきました。

 

治療は短く

癒やしは長く

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:海のそばの学びの場】どこの駅でしょう?

IMG_9408

LINEで送る

▲TOPへ