今月もたくさんの事例

9月一番印象に残ったケースをご紹介します。

◇脳梗塞後遺症 右半身麻痺

◇50代男性

◇病歴5年

医療通訳者さんからの紹介でした。

治療する前に彼は頻りに訴えました。

『センセ、何してもいいから、どんなことしてもいいから、強く、強く、強い刺激して欲しい。強くしても、感じないから、ね、おねがい、強くね!』

これ、分かる?

これ、感じる?

ここは?

ってな具合に、私は彼にベーシックな部位を刺激してみたけど、彼の訴え通り、手も、足も、背面も、なにも感じてくれませんでした。大病院のお医者さん達にも”一生治らない”と言われたそうです。

私は過去に、脳梗塞発症数年経過でも、鍼治療で回復へ導けた経験もあるし、今、また更に経験も積んできた自信があったので、ベーシックでない、アドバンスな部位や、方向に刺激を与えてみました。

ここは?これはどう?

分かる?なにか、感じる?

10人の脳梗塞の患者さんがいたら、当然だけど10人とも違う。脳梗塞に限らないけど、だから新患さんには毎回取捨選択で、これは?ここは?こうしたら?こうすると?って探り探り進めていきます。

右半身麻痺だから、身体の真ん中、正中線から右半分の感覚がない。彼曰く、左の睾丸は分かるけど、右は分からないと。口内も、排泄時、排尿時も、右半分は分からないって教えてくれました。(※例外あり)

『痛いっ!!』

『センセ!そこ、痛い!』

『痛いよ!センセー!!感じるよー!!』

ある部位(下記記載)を刺激すると、宝くじでも当たったかのように、目を丸くして、驚きビックリ嬉し顔で、教えてくれました。私もビックリです。

※例外もあります!

※脳梗塞者全員同じではありません!

【右半身が麻痺してる】

・右大胸筋鎖骨部下

・右烏口突起下

・マックバーネー点

・モンロー点

・盲腸付近

・足裏 内側アーチ部

彼の顔を見たら、瞳から雫が流れそうだった。痛みの涙でなく、喜びの涙、、、。

まだまだ仮説で、これから検証していく治療になるけど、この瞬間、彼の5年間閉ざされていた扉の取っ手を、一緒に握ることができた。

多くの患者さんは痛みを取って欲しいと願うが、今回のケースは【痛みに感謝】となる。痛みを感じれること、それは、最幸なことなのかもしれない。痛いって素晴らしい。

Sunskytherapy

サンスカイセラピー

太陽のように美しく照りかがやき

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている。

【曼珠沙華】

LINEで送る