おはようございます。

スルメは足の方が好きな村田です。

 

急性疾患と慢性疾患

急性は急に痛めた

慢性はずっと痛い

そんな感覚だろうか。

 

急性は痛くない状態に戻す。

慢性は悪くならないようにする。

飛行機で例えると

急性疾患は離陸シートベルト着用時

ものスゴイPowerで一気に快楽にする。

慢性疾患は安定飛行シートベルト外す時

だから、もし施術しなかったら

エンジンを止めてしまうようなものなので

ゆっくり落下していく感じかな?

 

よく言われるのが、

『ちっとも良くならない。

でも、やってもらわなかったら

悪くなるのは分かる。』

 

機能回復か社会復帰か治療か施術か。

 

寝たきりの要介護5の脳損傷

人工関節が入っている老婆

ペースメーカ入りの店長

腰痛持ちのサーファー

◯癌の主婦連

8時間正座をし続ける書道家

毎日600km以上走る運転手

屈強な男性職員をまとめる女性主任

 

施術を受けななければ

快適な日常をすごせない

施術すれば、しばらくは快適になるが

いずれまた、もとの不快な状態になる

 

『待ってました。』

『今日を楽しみにしてました。』

『月一回のご褒美です。』

『楽になりました。』

『理由が解りました。』

 

やっぱり嬉しい。

さて、今週はどんな方と出逢えるだろうか?

Susnkytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』満開の桜とこいのぼり。

20170414_082706
 

 

LINEで送る