おはようございます。

朝食後、晩御飯が気になる村田です。

 

あさり:浅蜊

 

浅利の旬は2月~4月

海水の温度が暖かくなる前の頃ですね。

 

浅蜊は鉄分が豊富で貧血予防になります。

ビタミンも圧倒的にB12が豊富に含まれ

肝臓の機能を強化してくれたりします。

タウリンや亜鉛も多く

やはり肝臓機能の正常にしたり

生殖機能や性欲を保つ働きもあります。

 

海のものは

肝臓や生殖器系を正常に保つ役割が多いですね。

牡蠣も冬場の方がよく出回ります。

つまり

冬の寒い時期はひと肌恋しくなる頃

海の恵みは男と女がより触れ合いたくなるような

栄養を含んでいて応援してくれているのかもしれませんね。

 

食養生

旬の物には意味がある

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』浅蜊の酒蒸し。近所の居酒屋メニュー。380円。

20170325_194518

LINEで送る