おはようございます。

目覚ましで飛び起きてしまった村田です。

 

火曜日は『介護福祉』

今朝は、疑似体験

なんども、以前のブログでは書いてきましたが

やっぱ、接客業の基本なんでしょうね。

医療も、介護も、福祉も

まず、相手の立場を体験しないと

何で困ってて、どんな感情なのか

まったく分からないんですよね。

 

先日、要介護2の訪問先で

「お昼は、どうしますん?」

え、どっかで適当に食べますよ。

「ヘルパーさんが大量に粕汁作ってくれて

よかったら、手伝ってくれませんか?」

え、あっ、、、はい、よろこんで!!

 

身長、130㎝、体重30㎏台の独居の老婆

キャベツが丸ごと入る鍋に大量に作られた粕汁

わっー、これ、何日分なんや…。

「こんなようさん作ってくれたら、4日ほど毎日粕汁ですわ。」

 

老婆が困ってる!これは協力してあげないと!

粕汁好きの食いしん坊の私は嬉しくなった。(笑)

 

「でも、味が変ですねん…、これ味噌はいってませんねん!」

 

まさか、そんなハズはないやろ~?

天下のホームヘルパーさんだぞ!?

調理のプロの主婦が多い介護職員さんだぞ!?

粕汁くらいつくったころあるだろうよ??

 

鍋に火をかけ温め直しいただいた。

ん?( ,,`・ω・´)ンンン?酔う???

粕の味しかしなーーーい!!

まさか、ダシも入ってないのでは?

いや、入ってないぞ!!

これじゃ、粕だけ汁じゃないか!!

 

ほんまですね…。味変ですね。

「でしょ…、毎回ですねん。

ヘルパーさんにご飯作ってもらうんですけど

二度手間です。。。。」

 

ほんと、よくある事例。

調理をしたことないヘルパーさんが

介護支援で調理ができるはずがない。

それ以前に、生活支援の仕事は

まさに、一時の結婚生活とでもいうのか

利用者のニーズをその時だけでも解決できる

そんな力が必要になってくる。

買い物に、ご飯作りに、掃除…。

 

「見てください。ここにお塩こぼしてますやろ。

また、仕事増えますわ。。。」

 

介護福祉業界にたずさわって17年

ヘルパーさんのコトもよく解かる

利用者さんのコトもよく解かる

僕ら他機関はフォローの役割なんだ。

きっと、この老婆はわたしの不手際やミス

同じようなことをヘルパーさんにも話しているだろう☆彡

 

完璧にした方がイイ場合

8割完成でおいといた方がイイ場合

6割位のケアでイイ場合

時と場合によって使い分ける

それが、自立支援なのかもしれない

ひと仕事、お土産を残す

持ちつ持たれつの接客業のテクニック

それがミソかもね。

 

小さなことからコツコツと

目の前の人を豊かにすることが

地域貢献、社会貢献へとつながる

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』いろんな粕汁があるもんだ。酔いましたよ(笑)

20170311_124558
 

LINEで送る