おはようございます。

豆も大好きな村田です。

 

水曜日は『食養生』

私たちの身体は食べ物でできています。

いつ、どんな時に、なにを食べたらいいのか

長年、身体と付き合ってるとわかってくることがありますね。

 

先日、居酒屋で初めて『茹でピーナッツ』を食べました。

感想は、ソラマメと枝豆を足して二で割ったような味?でしょうか。

そういえば、昔、茹でピーナッツって調理方法がある事を知り、自宅で作ったことがありましたが、作り方を知らず、ただ茹でただけだったので大失敗した苦い記憶を思い出しました。

 

ピーナッツの効能は

なんと言ってもビタミンEが豊富に含まれていることです。

ビタミンEは抗酸化作用が強いので、老化防止や若返りが期待できます。

ナイアシンも豊富で、アルコールの代謝を促し、二日酔いの予防にも効果が期待できます。

 

ピーナッツは落花生の皮をむいた状態をいいます。

落花生の旬は秋なんですが、乾燥しているため、通年いただけますよね。

2月の節分の時に、なにかと便利なように

豆まき用に流通することがふえてきました。

 

豆や種はとんでもないPowerを持っています。

寒い時期、豆を食べると春先に芽がでてより豊かに成長しますよ。

 

小さなことからコツコツと

一品一品が豊かな身体を作っていく

あなたが元気になれば周りも元気

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』茹でピーナッツ。癖になる味でした。

20170119_195917

LINEで送る