2022年5月連休が始まりました。

世間が連休のため、お仕事でも空気感が違います。

 

空気、それは四季折々で変化していきます。

若者、高齢者、要介護者、場所、時間…

弱者や、年齢を重ねるにつれて、空気を読む力が増してきます。

 

4月17日から土用の時期に入っていました。

5月5日の立夏の前日まで18日間が春の土用です。

土用は、年に4回あるので、年間72日間は土用期間です。

 

土用は、何の日かというと、地を固める日です。

季節の変わり目のため、身体に様々な変化をもたらす時期です。

※どちらかというと、不調がつづく期間になります。

だから、新しいことはせずに、じっと足下を見る時期になります。

 

若いときは、勢いがあるので、少々の天候でも元気でしたが

年齢を重ねるにつれて、知識が付き、理解できるようになりました。

 

土用明けが近い、5月連休の頃

大阪では、朝5時前になると明るくなります。

1ヶ月前だと、まだ眠たい時間でしたが、不思議なモノで

自然と、目が覚め、身体も起き、頭も冴えてきます。

 

身体は正直です。

たくさんの要介護者や患者さんを診てきて感じます。

要介護になった人は、要介護になる用意をしてきた人だし

患者さんになった人も、患者になる前段階があった人です。

 

自然と調和できるようになった?と感じるには

長い時間が必要かも知れません。

月初、年始め、4年おき、ある程度の時期を経てから

振り返ってみると、だいたい同じ時期に、おなじ行動を取っていることに気付きます。

 

その行動が正しいのか、間違っていたのか

それは、その後の経過が示してくれています。

 

土用の期間は、じっとして身体と対話する期間

土用明けから次の土用までは、次のステージまで上がっとく。

土用は階段で言うところの、踊り場かもしれません。

 

つまり、人生は前にしか進みませんが

後ろ向きにしか分からないということです。

 

連休中、介護は休み無しですが、

医療はお休みの処が多いです。

 

ちょっと振り返ってみませんか?

私たちは、自然の僅かな一部分なんですから。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

【Photo:朝取れイチゴ】

IMG_4613
 

LINEで送る