日曜日ブログ。新患&事例。

花粉登場に少々困っている村田です。

 

なんでも、始め、入り、に戸惑いますね。

慣れてくれば、免疫もつくし大丈夫です。

寒の入りや、暑さの入り、花粉出始め

春の陽気かと思えば、寒くなるとか。

 

タイトル【患者さんは知っている。】

今日のブログは裏話ですが、ホントの話しです。

 

当院のホームページブログで書くことではないかも知れませんが、このご時世、患者さんもだんだんと賢くなってきているし、気付いてきています。しかし、気付きたくない理性があるのも、よ~く分かります。

 

「○○整骨院行かなくなったら治ってきた。」

「○○院への通院止めたら楽になった。」

「○○治療を思い切って止めたら治った。」

でも、

先生から連絡もらうし、気にかけてもらうし、先生にわるいし…

だから、また再開しました。と。

 

昨年のニュース、2018年度の国民保険料が初の黒字になった。

このニュースを、みなさんはどう読み解いていくか?

私自身が肌で感じる答えは、保険医を使う人が減ってきた。と感じる。

収入が多くて、支出が少ないと黒字になる。逆が赤字。

 

令和になってから、町医者含め、整骨院や保険医への患者さんの数は減少しているように感じる。

施術者として、医療従事者として、たいへん喜ばしいことだが、患者が減ると医療崩壊ならぬ「医院崩壊」へつながってしまう。

そもそも、私たちの仕事は「患者さんを無くすこと」だ。保険医は、適切な人に、適切な医療を、適切なだけ提供する。自由診療の場合は、患者さん個人の自由なんで自由にして欲しい。

 

無駄な薬、無駄な注射、無駄な検査、無駄な治療、、、

医療従事者が手を加えれば加えるほど、患者は弱っていく。

そもそも、人間、いや動物には自然治癒力があるからだ。

自然治癒力が発揮される前に、明日も通院、明日も注射、今夜も服薬…

どうだろう???どんどん弱っていく⇒医療が必要になる⇒医療費が上がる。

この図式は昔から変わらない。

 

治療を止めたら治った。

まったくもって不思議な言葉だ。

正確には【無駄な、治療を止めたら、治った。】だ。

しかし、それが現実。

 

だからこそ、1回もしくは、数回で治癒に向かうように導くのが施術者の使命と思っている。

双方の意見があるから難しい。

医院目線だと、本音のトコロ、経営的に来てもらわないと苦しい。

患者目線だと、先生が頼りなのに、来なくていいと切られた感じ。

患者とは、心に串が刺さった者。

弱い人は、強くなれるように導いてあげる。

 

セルフケア・食事・運動・睡眠・愛でおおかたの病は現われない。

つまり、「未病を治す」ことこそ私たちの使命である。

正しいとは、一つ止まると書く。

タイトル【患者さんは知っている。】続きがある。本当は、

【患者さんは知っている。だけど、気付きたくない。知りたくない。アタシは弱いから。】

このご時世、一端止まって、少し冷静に考えてみよう。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

【Photo:梅】

IMG_7727

LINEで送る