術後3ヶ月経った村田です。

プレート入り足首も慣れてきました。

 

骨折は痛いです。辛いです。イライラします。

なった本人しか分からないし、経験しないと分かりません。

今回、初めて骨折の患者さんの気持ちが分かりました。

(ん?そういえば…こちらでの詳しい報告はまだでした。3月6日に交通事故で足首の骨折脱臼して手術入院していました。しかし、驚異的な回復で手術翌日には、松葉杖歩行ができ、12日後に退院、3月末にはお仕事再開していました。コロナ自粛で完全復帰は6月から。)

 

入院先のリハビリの先生や、主治医には感謝しかありません。

たくさんの気付きを得ることができました。

一番の気付きは、歩行です。

 

足首の骨折だから、歩行困難です。

どんな状況での歩行が困難でしょうか?

同じように足首の骨折をされた方ならすぐ分かります。

 

もちろん、例外もありますが、私の場合は、入院先の病院でリハビリでは一切やらなかったことを、退院後ドアを出てすぐに出くわしました。

手すりのない道や、緩やかな車椅子用のスロープです。

松葉杖での帰宅だったので、手すりなしの歩行はできました。

しかし、スロープ!

緩やかな、超ゆるやかな坂道が、とんでもなく怖かったんです。

 

足首の骨折です。足指の脱臼です。

病院のリハビリは、平行棒や松葉杖、階段の練習です。

坂道歩行は一切やりませんでした。

 

怪我をして初めて気付きましたね。

町で見かけるあの緩やかな傾斜のスロープです。

ホントに、登りも下りも、ホントに怖いんですよね。

 

階段が恐怖のイメージがあります。確かに階段は恐怖です。松葉杖は単なる棒なので、関節がないから登りも下りも、上半身が倒れそうで怖いです。

しかし、階段昇降は、足を上げる、膝を上げる、股関節を曲げる伸ばすが主になるので、足首の動きは特に必要なかったです。

歩行の場合は、踵から付いてつま先へと「しなり」の動きがあります。

多くの人は、後ろ足の最後はつま先で床を蹴るような動きになります。

これが、痛くてできなかったです。

 

退院2ヶ月経っても困っていたのが、階段の360度ターンです。

骨折した方の脚を軸に回転できなかったので、大回りになります。

階段は、下りが右回りでも、登りは左回りになります。

つまり、階段昇降の時は、かならず昇降のどちらかでこまりました。

これは、3ヶ月目検診の時に主治医に報告すると、かなり驚かれていました。

 

階段よりも、歩行が辛い。

歩行よりも、スロープが怖い。

そして、足をかばうことで、上半身(特に肩)が強烈に痛い。

 

整形外科主治医は足しか診ません。当然です。骨折に特化した医療ですから。

東洋医学や、鍼灸、整体は全身を診ます。

全身のつながりをイチイチ診ていきます。

 

破壊なくして創造なしです。

リハビリや鍼灸で傷つければ痛いですが、回復しようとドンドン治癒力が増していきます。

セルフ整体で、歩き方や立ち方、体操をすれば整ってきます。

 

部分も大事ですが、全身はもっと大事です。

個のつまりが、全体を滞らせます。

スロープをクリアできればどこでもバッチOKです。

 

Susnkytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:レントゲン】

IMG_3147
 

 

LINEで送る