中国語って分かるけど、なかなか聞き取れない村田です。中国人専用の介護保険施設にも行っています。まるで異国で楽しいです。言葉は通じないし、文化も違うので、毎回、毎回、驚きと発見の繰り返しです。

 

リハビリ体操したり、個別機能訓練したり、認知症予防だったり、時には日本語教室みたいなことをやってみたり、介護保険施設なので、利用者さんは、元気そうに見えても、全員が要介護もしくは要支援状態の方になります。ケアプランも、機能訓練プランも個別に違います。

 

体操に一度も参加されない方がいらっしゃいます。話しを聴くと、中国で太極拳の先生をされていたそうです。(※以後は彼と表現)しかも中国ではかなりの上段者で、審判もされ、太極拳のいろいろな種類すべてできるそうです。彼はいつもYouTubeを見て過ごしています。呼吸器系の問題で体操に参加されないとの話しでした。

 

しかし私も、『太極拳をやっている』と伝え、少しだけさわりの部分をやって見せました。すると、彼は目をキラキラ輝かせながら、『もう一回やってみろ!』といい、太極拳のお手本を見せて下さいました。衝撃的でした。これが本物か???というくらい、足を開く動作から始まり、起勢の動き、どこにも滞りがなく、リラックスされ、一番メジャーな簡化24式太極拳を見せて下さいました。それから、『陳式』(太極拳の源流)の演武を見せていただき、5分ほどの動きでしたが、息切らしながらも、ものすごくリラックスされ、いわゆる本物を演武していただけました。

 

私が何をやっているか分かるもんだから、彼もだんだん嬉しくなり、私に教えてくれるようになりました。言葉は分かりません。でも、太極拳経験者なら分かる動きでした。できない私に教えて下さる。そして、まったく興味無いわけでなく、太極拳に興味がある私だからこそ、彼も嬉しくなり、熱心に息を切らしながら教えて下さいます。まさに個別リハビリです。

 

彼の個別リハをしなくてはいけない

私は太極拳が好き。彼は先生。

太極拳を教えたい彼と、個別機能訓練をしたい私

見事に合致しました。

 

彼のために、陳式太極拳56をおぼえよう!』

 

Sunskytherapy

太陽にように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになって行っている

 

【Photo:秋。色づく葉】

IMG_0721

LINEで送る