帰省したら、家族の治療が待っていた。

 

□ 男性

□ 40代

□ 整形外科では『座骨神経痛』と診断

□ 膝裏からふくらはぎにかけて痺れる・痛くて触れない・立つのも辛い・盆休みの家の用事もできない・運転が辛い

□ ネットで調べたが、方法が分からない

 

1、KENポジションをやってみた

⇒痛みが10→8になる。

2、KYTベーシックNo1

⇒痛みが8→5になる。

 

立位になってもらうと、鎖骨の動き、肩甲骨の動きが硬い。対側の鎖骨を押さえると圧痛。(患側の大腿筋膜腸筋も)

 

3、鎖骨の圧痛除去

4、肩甲骨回し

⇒痛みが5→2になる。

 

『だんだん触れるようになってきた!』と声が出てき始めた。繰り返し、またKENポジションをやってもらうと、さっきより(5分前)かなり楽にできる。

 

5、足指組み(両方)

1、3、4、5、をしばらく自分でやってもらう。その間は、身体のお話をちょことだけした。家族の治療っていっても、妹の旦那さん、つまり適度な距離感がある。しかも、年に1~2回しか合わないし、家族が多いので、まともに会話し始めたのは、今年の正月からかもしれない。まず、緊張を取ることから始めることが大事。

 

遠くに離れていたり、頻繁に治療できない場合が多いのは、お互いに理解している。だから、セルフケア重視で自分で治っていく感覚を体感してもらった。つまり、私は特に触らない。2、KYTベーシックのNo1だけは触った。

 

セルフケアならサンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:紫香楽宮】

IMG_9495

LINEで送る