快晴の8月5日。たくさんの快晴LINEが来ました。

快晴はほんと気持ちも晴れ晴れします。

 

ここ10日位、特に先週はほんとしんどかったですね。

梅雨終わりからの、暑さ増しや、大雨や雷

台風も発生してきました。

 

そして、熱中症が大量発生です。

ニュースでもたくさん取り上げられましたね。

 

私自身も、昼食後以外でも極度の眠気が起こり

とても、つらい時間を過ごすことが多かったです。

 

でも、昨日、今日と、かなり楽なんです。

私自身の熱中症の予防、解決策を列挙しておきます。

 

ニンニクラーメンを食べた。

⇒身体が純粋にニンニクパワーを欲していた。

 

塩を積極的に摂るようにした。

⇒水(500㎜)に耳かき2~3杯の塩を入れて飲む。

⇒スイカは必ず塩をかけて

⇒夏野菜はほぼ塩でたべる

 

適度なお酒の量に変えた。

⇒3日ほど空けて飲む、毎日は止める。

⇒飲まなかった次の日は身体が楽

 

クーラーを朝まで付ける

⇒今まで午前3時に切れるようにしてた。

⇒日の出まで熟睡できる。

 

米を食べるようになった

⇒カレーライスを週に3回ほど食べた。

⇒とにかく、米が恋しくなった。

 

昼寝、瞑想、眼閉じを無くした

⇒今までは、10分ほど眼を休める意味で眼を閉じてた。

⇒眠いときは、あえて起きておくようにした。

 

暑さに慣れてきた

⇒クーラが苦手だから極力使わなかったが、クーラーをつけても温度差の変化になれてきた。

 

鍼灸治療をした

⇒パイオネックス(貼鍼)を貼ることでかなり楽になった。

 

シャワーを日に数回浴びる

⇒ミラブルに変えたから、ホント身体が楽なんです。

 

・整理整頓をした

⇒身の回りの整理をすこしだけした。

 

【考察】

バイクの走行距離は月1,000㎞以上。炎天下の酷暑のなか、バイクで訪問治療で回る。気温よりも湿度との戦い。信号待ちで停車すると、アスファルトの輻射熱、上からの太陽、前からの排気ガス、横からの車の圧。ヘルメットをかぶって下を向いたり、上を向けば、フラっとくるのも事実。栄養面、身体面、精神面、鍼灸治療とすべての効果が相乗でてきたと考えられる。

 

ここ10日ほど、独居嬢達が熱中症で搬送された。2人に共通していたことは、【塩分制限】だった。高血圧や、塩分制限を心がけていて、水分補給は『水』『お茶』『コーヒー』お酒は飲まない。いつも通り塩分制限の毎日だったから、汗で出て行くのに、水飲んで血が薄まって、体液バランスが崩れたのが原因と思う。この時期のしんどいは、十中八九、熱中症と思う。

 

無理せず、休んで、塩食べて、補給

 

今欲しいものはなんですか?

『塩昆布が食べたい』『オカキが欲しい』『寿司が食べたい』『こってりしたモノが欲しい』『カレー系がいい』食養生も大事だけど、クーラーを24時間付けたり、24時間クーラーのいるところで身体を慣らしたりすると、熱中症の予防になる。食欲がないときは、塩昆布、梅干しだけでも口に含めば多少は食欲でてくると思う。

 

去年につづき、今年も酷暑です。

命を守る行動、いつまでも若くないんだから

でも、『塩』は積極的に摂ると予防はできます。

 

サンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:喜多整骨堂隣の3メートル越えの向日葵】

IMG_9418
 

 

LINEで送る