ごきげんよう。

『時かけ』と、『君の名は。』

を観ると、夏を感じる村田です。

 

一年は12ヶ月あり、各月銘々に個性があります。

中でも7月の一ヶ月は目まぐるしく変化していきます。

 

7月インディペンデンス・デイ(7/4)はまだ梅雨真っ盛り。

7月七夕さん小暑(7/7)のころも毎年ほぼ雨。

7月納豆の日(7/10)も過ぎれば梅雨明けの雷鳴。

 

7月京都祇園祭も雨が似合い。

7月フランス革命の日は酷暑の合図。

7月一学期が終わるころにはセミが鳴き。

 

7月下旬にもなればグリーンカーテンが発揮。

7月大阪天神祭で花火が始まり。

7月31日気候がガラリと変わる一ヶ月。

 

気候が変わるとともに、季節も変わります。

当然、人の身体も大きく変わっていきます。

血圧も然り。自律神経も然り。気の節で気節。

 

天気で自律神経の症状がでることを

気象病といったり、天気病なんていったりもします。

 

頭痛をはじめ、無気力、疲労、関節痛、めまい

古傷の痛み、躁鬱、、、不安症、、、

 

天気がスッキリすれば、身体もスッキリします。

やまない雨はないし、明けない梅雨もありません。

 

でも、辛い症状。どうにかしたい。

長年の経験の予防方法として

『耳:内耳』を意識すれば予防できる確率が高いです。

 

耳の上や、耳の後ろ、耳の前を摩る。

耳を上下横にひっぱったり

耳を折りたたんだり、耳を動かしてみる。

 

意外と耳の上にコリコリがある人が多く

コリコリすると気持ちいいようです。

 

老いは股と耳からくる!?

 

『耳』を意識すると7月のイベントも楽しめますね。

 

サンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストになっていっている

 

【Photo:アガパンサス】

夏のアガパンサス

秋の曼珠沙華

冬のダイヤモンドリリー

ボクが好きな花。花火のような花ですね。

IMG_9013

LINEで送る