昼前に留守電があった。

 

 

『ギックリ腰になりました。ヘルプミー!』

 

 

顔は知ってる。挨拶をしたこともある。

でも、今日、初めてお電話をいただき

初めて診させていただきました。

 

 

不思議なもので、どういうわけか

今日は、タイミングがとても良くて、

たまたま、患家から患家の間にあるお宅だった。

 

 

(あっ、サンスカイセラピーは訪問中心になりました。)

 

 

初めてのお宅

初めて上がる家

誰(家族構成)が住んでいて

なに(ペット)がいてて

まったくのNO情報

 

ただ、ただ、ギックリ腰になりました。ヘルプミー!

その留守電と、ふだんの管理職としてお勤めされている

患者さんの状態を思い返しながら

往診(訪問治療)行ってきました。

 

 

ピンポンー♪

玄関を開けると、幼子と大猫が出迎えてくれました。

 

 

■ギックリ腰

■30代女性

■管理職(今日は激痛で休む)

病院はインフルにかかりたくないからと行かず。

 

 

いわゆる絵に描いたような姿勢

四つん這いで廊下を這いながら出迎えてくれたんだ。

見るからに辛そう。痛そう。苦しそうだった。

患者さんには申し訳なかったが

久しぶりに見る典型的な症状だったから

スルスルとプランを見立てることができてしまった。

 

最初にこれから始めた。

[1] 操体法(もう20年以上使ってる)

これは膝裏の定番のやつ

時間にして数分、【10】の痛みが【1】になる。

キョトンとした顔の患者さん。

あまりに早かったから【1】を限りなく【0】にしてみると言ってみた。

だって、スルッと起き上がれてしまったからさ。

 

[2] KYTBasic①

さらに、みるみる緩んでいくのがお互いに分かった。

 

[3] MB式整体 立位編

上半身のモヤモヤ感が消えたようだ。

 

[4] KYTAdvance 肩

もうここまでくれば、ほぼほぼ【0】になった。

 

[5] 最後のセルフケア

これが、一番大事で肝心なこと。

☆ Kenポジションで痛みはない

☆ タイチーセラピー(放鬆)気に入ってもらえ

☆ 日常生活動作の具体的なアドバイスで終了

 

患者さんに鍼をするまでもなかったから

終始賑やかだった幼子に小児鍼をしてあげた。

 

 

『治療に通った方がいいですか?』

 

 

治療に行くことで、気分転換、気晴らしになるなら

ぜひ通った方がいいかもしれないけど。

多くの管理者は、行く間がないのが本音。

 

 

30代~50代の管理職の方達は

自分の体のことは二の次で

家族のことや、仕事のこと

自分以外のことでいっぱいいっぱいの方が多いでしょ?

 

 

往診と外来の大きな違いは、

患者さんのバックグラウンドが解ること。

 

 

『この椅子で○○してください。』

 

『ここで、○○の時、○○するとしやすいです。』

 

外来で来られると、本質が見えないことが多いけど

往診させていただくと、明確に見えることがある。

目的論的治癒論。その痛みの原因をつくった目的は…。

 

 

サンスカイセラピー

堺市~岸和田市まで(バイクで回っています。)

患家から患家まで1時間以内(約15㎞程度)

治療時間、平均20分。セルフケア指導30分。

極力1~2回の治療で終わらせます。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のようにすべてを包み込む

セラピストになっていっている

 

2019年今年もバイクで駆け回ります。

 

IMG_6098

LINEで送る