今週は、パーキンソン病に特化した施設から依頼があり

太極拳を取り入れた運動を行ってきました。

 

◆パーキンソン病とは

・手がふるえる

・筋肉がこわばる

・動きがゆっくりになる

・姿勢を保てなくなる

運動障がいを引き起こす病気です。

脳の中にある運動をコントロールする部分

『線条体』の神経伝達物に異常が起きることから発症します。

 

※教科書や参考書には、だいたい上記↑のような説明が多いです。

しかし、現場は例外がたくさん。だから勉強になりますね。

 

なぜ、太極拳がいいのか?

太極拳のイメージって『ゆっくり』が多いですよね?

パーキンソン病の、動きがゆっくりとはまた違う『ゆっくり』です。

 

実際の太極拳の目標は

『呼吸』『意識』『動作』になります。

ゆっくりと、ゆっくりと、各関節や、筋肉を『意識』して

『呼吸』に合わせて、ゆっくりと、イメージしながら『動作』する。

 

これ、実は一般の人でも難しいです。

一挙手一投足を『意識』して動かしていく。

今やってる『動作』を『意識』する

しかも、『呼吸』に合わせて。

 

【太極拳がいい理由①】

 

例えば、バンザイする動きでも

・肩甲骨を意識して

・肩を意識して

・肩甲骨が動き

・肩が動き

・胸が動き

・肘が挙がり

・手首が挙がり

・手指が天井を向く

という感じで、バンザイするまで10秒位かけます。

 

パーキンソン病の方の症状で

筋肉がこわばり、表情が乏しい方が多いため

なかなか反応が分りにくいですが

パーキンソン病のゆっくりの動作を

『意識』して、ゆっくり動かす、動いていく感じです。

 

【太極拳がいい理由②】

 

太極拳は、動物や、自然界、地球をイメージして行います。

例えば、雲の動き、鶴のポーズ、

五大陸に、五つの海、昆布に、波、水泳のクロール

スポンジが水を吸い上げるように…

アイスクリームが芯から溶けるように…

ストール(肩掛け)が肩からスーと落ちるように…

そして、己を捨てて相手に従う感じで…

自然界の動きをマネします。

 

ちょっと難しいですが

スポンジが水を吸い上げるイメージとか

己の意志は関係なく、重力に逆らうイメージ

でも、ちゃんと意識はある。

 

パーキンソン病の研究は、近年めざましく進んでいます。

しかし、現段階では、パーキンソン病は治る病気ではありません。

パーキンソン病とうまく付き合っていくことが大事な病気です。

 

『呼吸』『意識』『動作』

脳をよりよく使う。

太極拳を取り入れた運動は

特にパーキンソン病のリハビリにはもってこいですね。

 

:::小話:::

私が今までに関わった、パーキンソン病の方、約10人位かな?みなさんに共通していることがありました。それは、博識高い頭脳明晰な方ということです。いわゆる賢い人が多かったです。無表情なのは、もともと周りの空気を読んで無表情なのか、パーキンソン病の症状の無表情なのか、たまにどちらか分からない時がありましたが、理解力はかなりありました。言葉の意味や意図もしっかり解ってくださっていたので、リハビリは進めやすかったです。黒質のドーパミン不足も、脳の負担?勉強のしすぎ?空気を読み過ぎ?つまり、周りの目を気にする生き方をしてきた?家族より友達優先?の人生だったのかも?仮説ですけどね。

 

太極拳療法

タイチーセラピーならサンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』捨己従人Tシャツ

IMG_4280

LINEで送る