『あし』が痺れるって人意外とよく出逢います。

脚と足、腰と胯、腿

漢字にしたら詳しく分けられますね。

 

■武術歴55年/男性/下肢痺れ

 

鍼やお灸、手技で痛みの緩和をしていた。

カルテ上ではご高齢の80代なんだが

話しを聞いてみるまで

現役で武術をされてるとは思いもしなかった。

 

運動や武術、格闘技の経験者や継続者の方

それも、何十年、30年、40年とされていると

身体の動かし方はとても上手い。

ちょっとコツを教えてあげるとできる。

 

コツが分かると、痺れが消える

 

『ん?、今痺れてないわ??』

 

身体が動く方向は決まってるから

無理加羅にメチャクチャ動かすわけでなく

曲がるところは曲げ、開く所は開く感じ

 

神経痛で何かが絞扼している場合

締め付けている箇所は、ゆるめて、ほどけばいい。

 

ラジオ体操の動き、太極拳の動き、ヨガの動き

もちろん、男性、女性と骨格上の可動域制限はあるが

体を操る=体操

重力を運ぶ=運動

ここに大きなヒントがある。

 

人の身体は、解剖学的姿位からはずれると

身体が倒れないように

前後左右どちらかの筋肉微妙な加減で

引っ張り合っている。

 

でも長年の不良姿位が定着してしまい

筋肉、関節が固まってしまってる場合もあるが

少しずつゆっくり良肢位に近づけていけば

術者が思いもよらない変化を

患者さんが教えてくれることもある。

 

腰の位置を正しく戻してあげるだけで

・眼がはっっきりしてきた。

・排便排尿の回数が増えた。

・呼吸が楽になった。

・身体が温かくなってきた。

・声がはっきりでてきた。

 

解剖学的姿位にもどしてから

本人の生活環境姿位をアドバイス

すると、痛みの緩和や

予防ができる。

 

『未病を治す。』

 

これに尽きる。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』ヒントは自然界から学べる。

IMG_3288
 

LINEで送る