風薫る心地よい皐月のはずが

連日の気候差に驚いている村田です。

 

私は、定期的にボランティア活動をしています。

こちらの会は、『健康』『医療』を目的とした集いで

2006年春からお邪魔させていただき

今年で丸12年になりました。

 

会長さんはずっと変わらずもう90歳を超えましたが

参加者の半分近くは入れ替わりました。

 

ボランティア先にもいくつかのタイプがあり

会場設営、集客、段取り、係りさんは

すべて、地域のボランティアさんで成り立っています。

 

だから心地いいんですよね。

私も含め、みな同じ立場だし

目指す方向性が同じだからです。

 

会長さんも、毎日毎朝、町内の独居老人宅を周り

生存確認や生き甲斐の提供をされつづけています。

全身手術痕の御老体ですが、瞳がとても活き活きされています。

 

営利企業さんが営利目的として社会福祉事業を

されるケースもあります。

 

不思議なことに、目的が違えば集客もできず

とうぜん、営利も達成できません。

 

世のため、人の為、

結局それは、自分の為になるのですが

自分自身が豊かで幸せでないと

目の前の人を豊かにできるでしょうか?

 

先日も、施設に公休の新人職員さんが

勉強のためにボランティアに来られていました。

 

同じ場でも、お給金が発生する業務と

無償の業務とでは得る物がまったく違います。

まさに、無償は無限大なんですよね!

 

ボランティアさせてもらっている方は

『させてもらってる感』『お役にたちたい感』があり

来てもらってる方は

『来ていただいている』『助かってる』と

需要と供給、凹凸が合致すればお互いが最幸なんです。

 

ごくごくたまに

『来てやってる』『来させてやってる』感の

場もあるのも事実で、当然、そこに感謝はありませんから

対象者(物)がいちばん辛い思いをされています。

 

フォー・ユーやペイフォワード(善意を他人へ回す)

そんな関係があれば、巡り廻って好循環になりますよね。

 

何のためのお仕事か?

何のためにこの職を選び学んでいるのか?

どんな職業でも、直接人と関わる職種じゃなくても

結局のところ、エンドユーザーは『人』ですね。

 

腰痛で困ってる人

膝痛で困ってる人

ストレートネック、側弯、内臓疾患

 

私は小学校卒業まで、身体が弱く週に3カ所通院していました。

たくさん患者さんや弱者の体験をしてきました。

だからこそ、患者さんの気持ちは多少理解はできるほうです。

 

サンスカイセラピーは予防を重視しています。

『未病を治す』

病気になる前の病を治す

 

時間は有限ですが

愛は無限です。

無償だからこそ得られるものは大きいです。

 

みなが元気になれば、経済がまわり、潤い

水の循環のように、地球が回るように

豊かに成っていくような気がしませんか?

 

サンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』ボランティア先のサロン会。経穴のお話しをしてきました。

IMG_3293
 

LINEで送る