おはようございます。

春が来て芽吹き始める村田です。

 

■なぜ、転倒予防に太極拳がいいのか?

 

太極拳の歩き方はとてもゆっくりである。

○○式や系統によっては速く動くのもあるが

いわゆる太極拳は簡化24式太極拳が多く

24個の動きを5~6分かけて行うのが通例だ。

 

太極拳の歩き方は独特なのかといえば

そんなことではなく、ただ、丁寧にある動作を

やっているだけなのだ。

 

転倒する人は、ある動作が抜けているので

何もない所で転んだり、つまづいたり

引っかけたり、小指をぶつけたり…

痛い思いをしてしまう。

 

歩くと走るの大きな違いは

『踵』が付いているか?どうか。

 

ある動作とは、『踵』をつけているか?

それと、『体重移動』ができているか?

上半身の重みで動いていないか?

 

転倒者でいちばん多いのは、

『踵』が上がってること。

つまり、つま先が下がってる姿勢なんだ。

(=走る姿勢になる。)

 

踵を付けて、つま先を付けて

後ろ足から前足にゆっくり体重移動する。

 

後ろに歩く時は、踵から付けられないので

つま先から付けるが、確実に踵を付けてから

体重移動をする。そ、確実に!

 

とてもシンプルで簡単なんだけど

転倒したり、つまづいたりする人は

長年の癖でつま先が上がっていないことが多いわけね。

 

太極拳をされている方は皆お若い。

なぜか?

この辺の秘密を木曜日に書いていきたい。

 

タイチーセラピーならサンスカイセラピー

 

『写真』朝の太極拳稽古で公園行くまでの風景。

IMG_2425

LINEで送る