おはようございます。

やはり311はあの光景を思い出す村田です。

今日は一日報道するでしょうね。

 

■拘縮予防

 

統計的に患者様の多くは高齢者が多い。

外来や通院の場合は元気な方がほどんどだが

往診の場合だと、若くても大病を患っていたり

ご高齢で筋委縮や関節拘縮、脳損傷の方も。

 

入院患者さんに呼ばれて往診行くこともある。

呼ばれる理由は『病院の施術が合わないから。』

『サラリーマン的な施術はしてほしくないから』?

『施術時間が短い』

『とりあえず組み込まれているから。』とか

『施術者と合わない。』

『施術自体がない。』

 

等々、理由はいろいろあるが

ま、同業者が他人の土俵で相撲をとり

報酬をいただくのはどないなもんか?

と思ったりもするが

百歩譲って、患者さんの方から入院先の病院に

許可をもらい往診させてもらうようにしてもらった。

 

私の施術がうまいとか、丁寧とか

自画自賛でなく、私が、この医療業界、

施術業界に携わったきっかけが

私自身がひ弱だったことで

医療業界にたくさん助けてもらったことだったから

その、恩返しというか、おなじように困っている人

助けを必要としている人には、どうしても

感情移入してしまう想いが伝わるのかもしれない。

 

なんとかしてやりたい!

 

そんな想いのみっていえばおこがましいが

私を頼って連絡をくれるわけだから

120%全力で対応させてもらっている。

 

私の施術の基本的な考え方は

『全身はつながっている』と理解しているから、

その一体感、連結感を体感してもらうようにしている。

 

先日訪問した新規の拘縮老人

ごくごく弱刺激で末梢を施術

箸をもつような力加減で他動していく。

インドアからアウトドアまで30分程度

 

私が帰ってから『急変』して訪問看護に連絡したと

後日『急変』と聞いてびっくりしたから経過を聞いた。

身体が熱くなり、発赤し、家族が心配になり

主治医に相談したとのコト。

理由は、末梢からの血流がよくなったと。

 

それから10時間近くぐっすり寝てくれて

家族のレスパイトケアができたけど

『普段は浅眠なのにぐっすり寝てるから

生きてるか心配しましたー。』と逆に心配かけてしまった。

 

身体は全身タイツの皮膚で覆われいる

皮膚の総重量は体重の約10%

そして、体内の水分量は約50%以上

つまり人体はお鍋のような感覚なんだ。

 

村田は鍼灸師で施術者、治療家

鍼灸をすることもあれば、手技だけの場合もある。

医療に関しては、ドクターの意見が優先で当然。

診断も、診察もできない。

ただ、今までの経験で『拘縮』なのかは分かるし

どう対応すればいいかもだいたい解る。

 

鍼灸師は医療従事者としてコ・メディカルとして

患者様に何ができるのか

与えられた時間で何をGIVEできるのか

そこんところが今もこれからも課題である。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』桜の芽。今年は早く咲くらしい。開花予想3月26日?

IMG_2381
 

 

LINEで送る