おはようございます。

昨夜は爆睡してしまった村田です。

 

■かゆみの仕組み

 

春です!ひな祭りも終わりましたもんね。

だんだん暖かくなってくると

暖房の調節が難しくなったりして

痒くなったりしやすくなります。

 

冬や春のかゆみの多くは

ドライスキンが原因のようです。

 

皮膚は『表皮』『真皮』『皮下組織』の3層になってます。

 

『表皮』は、一番外側で一番薄い層で

外部からの有害物質が体内に侵入するのを防いだり

体内の水分を保つ役割をしています。

 

『真皮』は、細胞が少なく

その多くはコラーゲンと呼ばれるたんぱく質ででき

皮膚の厚みや強さを支えるものになります。

この真皮内に、皮脂腺・リンパ管・立毛筋

・アポクリン線・エクリン線・動脈・静脈があります。

 

『皮下組織』は、皮下脂肪を蓄え、外部からの衝撃を

和らげるクッションの役割を果たします。

 

ドライスキンは、表皮の水分と油分が失われ

外からの刺激に無防備になっています。

つまり、ちょっとした刺激にでも敏感に反応します。

 

ただ、かゆみに関しては未だに謎が多いようで

かゆみ=軽い痛みと認識していると仮定すると

掻く行為が気持ちいい行為と認知しているのか?

では、軽い痛みは気持ちいいのか?など

 

痒いから掻くと気持ちいいから、どんどん掻いてしまう。

悪循環の始まりになってしまったり、、、。

 

世界中のお偉いさん達が研究されているようです。

 

でも、表皮が水分や油分で潤っていると

割と痒みは起こらないような気がします。

 

・保湿クリームをつける

・痒いところに手を当てる

・加湿器を置く

・お風呂に入り身体を温める

・運動して汗腺を広げる

 

ドライアイも、まばたきの時に

瞼がきちんと閉じていないから

目が乾燥するようです。

 

口が乾くのも、上下唇が半開きになっていたり

 

鼻水が出るのは、鼻毛を切りすぎたり

 

身体中の穴は適度な潤いが必要なんですね。

 

手洗い・うがい・鼻洗い

保湿を心がけましょう!

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』紫陽花の新芽。これからじわじわ葉がでてきます。

IMG_2340
 

 

 

 

LINEで送る