おはようございます。

日曜日の朝が一番好きな村田です。

静かだからでしょうか?

 

■若者と高齢者

 

臨床に入って20年

患者さんの多くは慢性疾患の高齢者だった。

しかし、介護と関わりだしてから

虚弱高齢者や障がい者を診ることが増えた。

 

週2~3回の方から

月2~3回の方、年に数回の方まで。

 

慢性疾患の高齢者の施術をしていると

若者(成人)の施術は比較的楽にできることが多い。

筋肉や、骨、細胞が若々しく素直に動いてくれるからだと思う。

 

そして、虚弱高齢者や障がい者を施術していると

高齢者の施術も楽にできることもある。

意思も意志もあるからかな?と思う。

 

疾患別だと山ほどパターンがあるが

人種で分けると、3パターンかもしれないかな。

①若い人(年齢でいえば10代~60代)

②高齢者(年齢でいえば70代以上)

③虚弱高齢者・障がい者

 

治療方法や施術方法も大きく2種類

①ソフトで優しい治療

②ハードでキツイ治療

 

解剖的に解決するのか

生理的に診たてていくのか

心をケアしていくのか

 

年齢や疾患別よりも

今、どうにかして欲しい人が

今、どうにかできる人と関わるから

どうにかできていく

そんな気がする。臨床現場。

 

日曜日の朝のブログは新患&事例

日曜日になると患者さんのことが頭に浮かぶ

長距離運転手、工場検品手、解体屋さん

スポーツ選手、交通事故者、事務員、、、、

家長、管理職、経営者、、、、

小児麻痺(大人)、リウマチ、透析、ペースメーカー

片麻痺、パーキンソン、脳梗塞、下肢欠損、、、

・・・

・・



中国人、ペルー人、ベトナム人、韓国人

・・



 

治療やケア、施術の勉強をすれば

不思議と引き寄せの法則のように

あてはまる患者さんと出逢うことが多い。

ほんと、不思議だけどね。

 

今週の改めての発見は

『滞りをなくす』ってこと。

やはり、柔らかく、温かい方が

治りも早く、元気な人が多い。

100の辛さが99・98・97・・と減るように

先ずは、施術者の滞りをなくす。

 

心と身体のケア

豊かに生きるならサンスカイセラピー

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』蝋梅。蝋細工のような花。花が少ない時期に咲くからよく目立つ。

IMG_2069
 

 

 

LINEで送る