おはようございます。

独り暮らし時代3度の熱傷をした村田です。

天ぷら油に火が移り右手甲から前腕まで、、、

救急外来のドクターに植皮を促されました。

頑なに拒否して、かなり怒られましたが、

なんとか植皮せず

完治まで約10年ほどかかりました。

 

■火傷(熱傷)

みなさんも一度や二度は経験があるかと。

火傷は度合いによって三つに分けられます。

 

1度熱傷)日焼け程度

 

2度熱傷)水ぶくれ

・浅達成Ⅱ度熱傷:真皮の浅い部分まで『赤い水ぶくれ』

→痛みを感じるが数週間で治る。

・深達成Ⅱ度熱傷:真皮の深い部分まで『白い水ぶくれ』

→痛みを感じにくく、1カ月以上かかり関節拘縮を起こすことがある。

 

3度熱傷)

・皮膚の壊死

→真皮の下層、脂肪層まで達する

身体の2%以上に達すると生命の危機

 

もし熱傷をしてしまったら…

★すぐに冷やす!

これに限ります。

 

厳冬になると『低温やけど』の人が増えてます。

カイロに湯たんぽ、体温よりも少し高めの温度に

長時間おなじ部位が接していると

じわじわと深部まで熱が届きますので

通常の熱傷よりも治りにくいといわれています。

 

一瞬のやけどは、70度以上の温度でおこり

低温やけどは、45度位でおこります。

 

とにかくすぐに冷やす。

ひどい場合は流水でなく

溜めた水にドボンと突っ込む感じで冷やします。

 

寒いと温かいものを欲します。

近すぎず、遠すぎず、欲し過ぎず…。

なんでも適度がいいようですね。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』熱いお灸をしたあと。まず自分で実験。(合谷)

IMG_2034

LINEで送る