おはようございます。

『お疲れ様です。』と書かれた

年賀状をもらった村田です。

 

■下半身デブ/女性/接客業

 

11月頃、股関節痛が初診だった。

それから、股関節痛のセルフケアを教えたら

すごく真面目に取り組んでくれていた。

昨年末、診た時、嬉しいことを言ってくれたんだ。





『あれから毎日教えてもらったことやってますよ。』

 

おぉ~、そうみたいですね。

 

『そしてたらね、見て、センセ、足が細くなってきたんです。

私、下半身デブが悩みやったからホント嬉しいんです。』

 

うん、ほんと、太ももも締まってきたし

お尻も小さっくなってきましたね。第一姿勢がいいですよ。

 

『でしょ、家族にも言われるようになってきたんです。

あ、もう、股関節も痛くないですよ。体重も減ってきました。』





下半身デブとはいわゆる下半身が上半身に比べて

大きい体型のこと。洋ナシのような感じかな?

 

下半身デブが股関節痛を作ったのか?

日常の姿勢や生活習慣が股関節痛を作ったのか?

ちょっと聞いてみたんだ。

 

・今まで運動は一切しなかった

・間食・お菓子大好き

・携帯ゲームが大好き

・更年期の始まりかけ(ホットフラッシュ)

・週末婚

 

聞けば聞くほど、生活習慣や

家族関係、心模様が目に浮かんできた。

仮説を立てて、点と点をつないでいく・・・。

だから、結果的に下半身デブになったのか

そして、体型が綺麗になれば

夫婦愛も深まり、どんどんハッピーになっていく。

 

症状は一過性の何かのサインの場合が多い。

このサインに気付き、ゴールを見つけてあげる

 

☆患者さんのゴールは痛みを止めること

★私のゴールは豊かに生きてもらうこと

 

みんな幸せになるため、さらに豊かに生きるために

いろいろな問題を抱えている。

その問題は、痛みとして現れることが多い。

痛みのない人生はない

だから四苦八苦っていうみたい。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦の分類。根本的な苦を生・老・病・死の四苦

生…生きていること自体肉体的精神的苦痛が伴う。

老…老いていくこと。体力、気力など全てが衰退していき自由が利かなくなる。

病…様々な病気があり、痛みや苦しみに悩まされる。

死…死ぬことへの恐怖、その先の不安。

根本的な四つの苦に加え、

  • 愛別離苦(あいべつりく) – 愛する者と別離すること
  • 怨憎会苦(おんぞうえく) – 怨み憎んでいる者に会うこと
  • 求不得苦(ぐふとくく) – 求める物が得られないこと
  • 五蘊盛苦(ごうんじょうく) – 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと
の四つの苦を合わせて八苦という。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

接客業の患者さん

3回目に会った時はとびっきりの笑顔だった。





『旦那に、綺麗になったって言われました。』

 

おぉ~良かったですね。





きっと、ご主人のことが大好きなのに、週末婚で平日会えない、そんな折に更年期が始まり、心のバランスが崩れ、イライラが募り間食が増え、携帯ゲームにはまってしまう生活が続いた。代謝も悪くなり、大好きな人にも会えない。そんな毎日だった。どこかで絶たないとどんどん悪化は想像できる。今回、股関節痛で出会え、まじめにセルフケアを実践してくれて、みんながハッピーになれた。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』実家の屋上から

IMG_1669-PANO
 

LINEで送る