おはようございます。

バランスボールが椅子代わりの村田です。

背筋が伸びていいですよー。

 

■立身中正

立てば芍薬・座れば牡丹

歩く姿は百合の花・・・

なんていうけど、最近はいわないかな?

 

普通のきょうつけの立っている姿勢と

武術・武道の立っている姿勢

大きく違うのは、背骨がまっすぐかどうかってとこ。

 

動くためには、どこかの関節にゆるみがないと動けないし

さまざまな衝撃も吸収できない。

だから、きょうつけの姿勢では

膝や腰が伸びている代わりに

背骨がS字状に湾曲しているでしょ。

 

ところが、武道の立身中正はどうだ?

膝が曲がり、股関節が曲がっている

だから、背骨が湾曲する必要がない。

 

つまり、下半身で衝撃を吸収しながら動いて

上半身は真っ直ぐのまんまなんだ。

だから、骨盤から上が真っ直ぐだから

駒のように回転しやすいんだ。

 

◇頭のてっ辺を吊り上げる

◇眉間を開く

◇項を立てる

◇肩を落とす

◇脇の下にアツアツの肉まんを挟む

◇胸を含み背中を抜く(開く)

◇お臍を天井に向ける

◇股関節を緩める

◇膝裏を緩める

◇両足の間に頭の重さを感じる

 

ことばにしたら10個くらいかな。

ちょっとやってみて!

ちょうど、足の大きさ(長さ)の上空延長上に

身体が収まる感じだから、

膝を曲げてもつま先よりも前にでない姿勢ね。

 

4本足動物の背中は軽く猫背になってるけど

背骨は人間みたいにS字状じゃないでしょ。

だから両手両足(前足後足)が楽なんだろうね。

 

立身中正をやってると

ひょっとしたら肩こり腰痛が減るかもよ!

 

タイチーセラピーならサンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』雲辺寺の五百羅漢

IMG_0775
 

 

 

 

 

LINEで送る