おはようございます。

夏はカラスの行水で

冬は金魚の睡眠の村田です。

いや~冬の風呂は気持ちいいです。

 

■風呂

この冬、患者さんの妹旦那が風呂場でなくなった。

冬場はよくある話し。

今まで、2人患者さんが風呂場でなくなった。

ある程度の年齢は関係あるけど

飲酒の後なんかだとヤングシルバーズでも起こりうる話し。

 

とある超高齢者(90代)の知恵。

 

『うちの所はな、長屋やから、風呂入る時に、お隣さんに声かけますねん。今から、入ってくるから、でてけーへんかったら見に来てな~。って。お互い様やで、ほんなら、もし、しんどってもすぐ分るし、ひょっとしたら助かるかもしれへんやろ~。』と。

 

こんな人情味あふれる人間関係のいい地域があるだろうか?

向こう隣り、隣り三軒

障子を開ければ顔なじみ

まわしてちょうだい回覧板

知らせられたり、知らせたり。

 

今の、今の時代になって、やっと

SNSのいう文明の力で情報検索が身近になった。

ほんの、10年ほど前までは、

障害や介護のことは、お役所で聞くことが多かった。

 

うちのマンションでも、表札が上がっているのは

我が家を含めて10%もない。

となりに住んでいる人は知っていても

同じ階にどんな人が住んでいるかまでは分からない。

廊下やエントランス、駐輪場で顔合わせても

挨拶すらしない住人もたくさんいるのが現実。

 

ボランティアに行かせてもらってる会の会長さんは

毎朝、自分の町内の独居老人宅をまわっている。

会長さん自身も90歳をゆうに超えているのに

ほんと頭が下がる。だから元気。

 

独居老人も

施設入所者でも

誰かが訪問しなかったら

一日誰とも会わない日があるからね。

 

何年か前、12月30日に独居老人宅を出る時に

『良いお年をお迎えください。』って言った。

1月4日。

『明けましておめでとうございます。』って言って入った。

その間、5泊6日

誰も来ず、誰にも会わず、

私が、玄関を閉めて、玄関を開けるまで扉は開かず。

 

人は二人だから人

一人では独りってこと

介護の『介』は人+人ってこと

地域の連携が介護予防になり

ゆたかな人間関係を作っていく。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『マンガ』じゃりン子チエ。昭和のマンガ。よく見たな~。

jarinko-chie
 

 

 

 

 

LINEで送る