おはようございます。

師任堂(サイムダン)にはまっている村田です。

 

■地域との関わり

 

とある独居要介護老婆のお宅。

家に来る人は

介護保険でのホームヘルパーさん

医療保険での医療関係者

医療・介護の方がほぼ毎日来る。

 

しかし、

医療・介護のサービスで賄えきれないこともある。

・電池交換

・冷暖房の設置設定

・電化製品の修理・買い替え

・ふすま・障子の張替え

・家の修理・ペンキ塗り

・ほか、たくさん・・・。

・限度額オーバーしたら自費だし。

 

電気は、村の電気屋さん

家の修理は、村の工務店

米・調味料は、村の酒屋さん

ゴミ置き場の管理はおとなりさん・組長・班長

昔ながらのサザエさんのような感じ。

 

独居の老婆に

医療介護だけで10人以上が関わってる。

村の、地域の方が10人以上関わっている。

つまり、20人以上の方が

老婆ひとりに関わってることになる。

 

これがいいんだ。

昨今の、ご近所付き合いって

表札もなければ、だれが住んでるか分からない。

 

老婆宅

集合住宅でない

団地やマンションでもない

いわゆる普通の20坪程度の一軒家

でも、となり組がしっかりしてて

だれが、どんな家族が、どんな風に住んでいるか

みんなが、みんな把握しているらしい。

 

昔ながらの、地域で、住民で、村を作る。

いいこと、メリットもたくさんある。

しかし、時代はどんどん変わる。

新参者には受け入れ難い風習

強制的な、子ども会入会から老人会入会まで。

 

この10年、新しい風が吹いてきた。

今後、10年、今の独居環境も大きく変わると思う。

 

コンビニも、コインランドリーを併設する動き。

地域の生活がコンビニに変わりつつある。

SNSやネット環境の充実。

夜行性のやんちゃな子供たちも減りつつある。

徘徊老人もすぐみつかるようになってきた。

 

新しい形で地域ができていく。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』ボクの好きな花。初冬はダイヤモンドリリー。初夏はアパガンサス。

IMG_1239
DSC_0611
 

 

LINEで送る