おはようございます。

銭湯でも足を曲げて入ってしまう村田です。

 

■パーキンソン氏病/パーキンソン症候群

年に1~2人ほど診ます。

 

→主な症状

・手足の震え

・筋肉の固縮

・関節可動域制限

・歩行困難

・前傾姿勢

・すくみ足

・眼球運動障害

 

⇒特に目立つ症状は

①何もしていないのに静止時や安静時、緊張している時に手足が震える。

②筋肉が固まりこわばる。

③動きが鈍くなり、すばやく動きにくくなる。

④前傾姿勢で小刻み歩行。

⑤バランスが取りずらく、転倒しやい。

⑥やる気がない、無気力、うつのような症状

⑦便秘・立ちくらみ・血圧低下

⑧ろれつが回らない。

 

☆特徴は、合図や目印があると動きやすい。

 

パーキンソン病は20代から起こる若年性もありますが、多くは、更年期以降の中高年から発症します。脳の神経伝達物質であるドーパミンの減少になります。加齢により脳の動脈硬化が原因ではないかと考えられています。

 

◆パーキンソン氏病とパーキンソン症候群は違います!

※詳しくはお近くのお医者様へ

※大きな違いは、パーキンソン症候群は、『安静時でも手足の震えはおこならない。』

 

パーキンソン病は遺伝やドーパミン神経細胞の減少ですが、パーキンソン症候群は、脳血管障害、薬の副作用、生活習慣病になります。

 

毎日、同じことをしていると、変化に気付きやすいです。

季節がぐっと変わります。

日々の変化をチェックしてみましょう。

身体は資本です。

何ものにも変え難いものです。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『図』パーキンソンといえば、マイケル・J・フォックス(バックトゥザフューチャー)

02

LINEで送る