おはようございます。

そういえば…、

最近、目覚ましなしで起きている村田です。

 

■尾閭中正(びろちゅうせい)

 

太極拳の姿勢の要求のひとつ。

 

背骨は通常、横から見たらS字状になっている。

この大きな理由はクッションの役割

S字になっているから、膝や腰を伸ばす姿勢でも

重力を分散できるから、頭の重さを支えたり

からだを捻ったりできる。

 

じゃ、尾閭中正は?

背骨をまっすぐにする姿勢になる。

えっ、じゃ~、背骨のクッションの役割はどうなるの?

と文字だけ見れば疑問に思うかもしれないけど、

実際にやってみてみて!

 

背骨をまっすぐにすると、

腰や膝が曲がりませんか?

背骨をまっすぐにする姿勢は

仰向けに寝て、腰が浮かないようにベタっとつける感じ

股関節が曲がり、膝も曲げるでしょ?

 

つまり、立位だと、臍(丹田)を天井に向けて

肛門を真下に向ける姿勢。

 

腰や、膝が重力を分散させたり、

からだを捻ったりする動きをまかなう。

つまり、上半身はまな板のように

一枚板が、右・左に回転するような感じかな。

 

背骨で重力を分散させない分

腰や膝で行うから、おのずと太ももは太くなる。

実は、ここがポイントなんだ。

 

いわゆるきょうつけの姿勢ってしんどいでしょ?

立ちっぱなしの時(レジで並んでる時とか、電車待ち)

気が付けば、どちらかの膝を曲げていませんか?

 

腰と膝をかるく曲げて

上半身の体重を腰にのせるイメージ

太ももをより多く使い、鍛えていくと

将来的には

『腰痛』『膝痛』の予防につながります!!

 

太極拳を通じて心と身体を美しく

タイチーセラピーならサンスカイセラピー

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のようにすべてを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』朝の公園。青赤黄の空のキャンパス。今だけの自然の美術館。

IMG_1193

LINEで送る