おはようございます。

真剣に症状をうったえられてたら、だんだん熱くなる村田です。

 

◆ギックリ腰/女性/介護職

昼に介護保険施設に往診にいっています。

鍼灸師なので、自費での往診です。

患者さんは、入居者さん限定です。

しかし、

ごくごくたま~に介護職員さんからヘルプがきます。





『せ、せんせ…、さっき、入浴介助でちょっと捻ったみたいで、こうしたら(前屈み)痛いんです。あとから診てもらえませんか?』



と、患者さんを施術中に声をかけてきたヘルパーさん。

「ちょっとまってね~、後で診ますから。」

と目の前の患者さんを施術し続けてた。



『これからまた入浴介助に入るんです。

こうしたら痛くて、こうするとマシ

この辺が痛くて、この前のこれ(痛い動き)はマシ…。』

と、一向に立ち去ろうとしてくれない。



術者としていろいろ症状を言ってくれると、だんだん見えてくる。

症状はこうだ。ちょうど、【ミレーの落穂拾い】のような姿勢をすると、骨盤、ちょうどASIS(上前腸骨棘)辺りから、膝まで痺れるという。背屈はOK。でも、仰向臥床時の尻上げ姿勢(寝た状態でパンツをはききるような動作)が痛い。今、施術中の患者さんよりも、横でうったえてくるヘルパーさんの方が気になって仕方がない。そして、聴けば聞くほど、パズルのように取捨選択で【コレが答えだ】あ~、早く施術したい~!!って想いが駆け巡ってしまう。つい、言ってしまった。目の前の患者さんへの手を止めて・・・。



「はい、ここ座って。」





「ここ、痛いね~?これをこうしてみて!」







『あっーー!さっきよりマシ!!え―、なんで??』





?え、施術したらからやん…。

前にも言ったでしょ、運動しなさい!って思いながらも



「良かったですね。これで入浴介助も楽にできますよ。」



入浴介助終了後、再度聞いてみた。



『まだ、この辺(ASIS:上前腸骨棘)が痛いです。』



「ここですか?じゃ、こうして、こういうふうにしておいて。」







20秒ほど





「どう?痛かった動き、痛い所、違和感、最初と比べてどう?」





『えっ―――!!マシ―‐!!マシマシ!!

ちょっと待って、実はさ、朝から痛かったんよ!

布団から出るときも痛かったし、

ズボンはく時も痛かったし、

ちょっと、待って、、、、

(なんども、痛かった動作、痺れる動作をしてくれた。)

なんで???痛くないで??

できる???なんでなん???

どういうこと???』





その声を聴いた主任さんがやってきて

不思議やろ~?と話してくれていた。

主任さんも以前速攻で治療したことがあり

ビックリしてくれた方のおひとり。





急な痛みは、急に治ることもある。

・・・・それだけ。





介護職員が現場で不調になりながら、介護業務を続けていると、どうしても利用者さんへの対応が不完全になる。すると、適切な介護が行えない。おたがいにイライラして、結果、利用者さんが不満になり、挙句の果てには事故へとつながっていく。利用者さんを豊かにするには、介護者が豊かにならならければならない。老人が言ってた。『俺たちの余生を無駄にするな!』って。誰しも、介護を受けたくて受けてる訳じゃない。どちらかというと仕方なし、利用せざる負えないから利用している。介護業務だけの話しじゃないけど、接客業の人は、自分自身が豊かじゃないと、お客さんを豊かにできない。お客さんが豊かになれば、みんながみんなWin-Winの関係になれる。

 

豊かに生きることの大切さ―

Susnkytherapy

therapy-kanku.com

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『図』ミレーの落穂拾い

o0269018714020279453

LINEで送る