おはようございます。

TV録画は倍速で視聴する村田です。

ただのイラチです。。

 

◇介護問題

さて、どこからの切り口で始めようか…。

先日、介護保険施設の利用者さんが他界された。

悲しむ間もなく

すぐ、新規の方の利用が始まった。

・・・

・・



優秀な介護職員が施設方針に合わず離職した。

残念がる間もなく

募集すれば新しい職員が面接に来て採用される。

・・・

・・



利用者さんが利用中止になれば、また次が来る。

職員が辞めても、また新職が入る。

反省や、見直し、改善する間もなく

次、次へと、駒が進んでいく

その度に、合わなければ消えていく

その繰り返し

一向に改善はしない

・・・

・・



なんだかな~と、傍から見てると辛いものがある。

・・・

・・



昔、要介護5の寝たきりの爺さんを歩けるまで回復させたことがあった。爺さんの努力だよ!っていいながら二人で喜んだことを思い出した。後日、訪問看護さんから遠回しに『リハビリ中止にしてください。』と言われた。てっきり回復したからと思っていたら、家族から『せっかく寝たきりにさせたのに、歩けるようになったら困る。』とクレームが来たそうだ。なんとも複雑な気持ちになった。





今の私の答えは

『要介護状態にならないようにすること。』





つまり、『予防』





悟る老人は『ピンピンコロリ』と口にする。

結局、心身共に健康だったら要介護状態にならない。

残念ながら年々介護保険制度は厳しくなってきている。

サービス提供時間は短くなり利用料は増える。

年金も減り、支出は増える。

当然だが、介護保険施設に行けば要介護者ばかりに出会う。

しかし、老人会や太極拳場に行けば、同じ年齢層でも

介護保険利用者なんて、ほぼゼロだ。

 

この違いはなんなんだ!!!

 

答えはシンプルに。

なるべくしてなった要介護者。

なってない人は、ならないように生きてきた。

原始人的に、直感で考えてみようよ。

あなたの習慣、環境、毎日の過ごし方

このままいけばどうなるか??

最期を見る機会が多い、医療・介護職

私は、ピンピンコロリと逝きたい。

 

Susnkytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』これ、食べられるんだって!

IMG_1031.HEIC
 

 

 

LINEで送る