おはようございます。

目が覚めたら身体を捻ってから起きる村田です。

 

◇立方骨

正しい姿勢を確保、保持するための重要な足の骨。

運動機能に関わる骨。

小指の付け根と踵を結ぶ真ん中あたり。

踵と小指(第5中足骨)と第4中足骨との間にある。

足の外側のアーチを構成。

 

みなさんの靴の裏

どの場所がすり減っていますか?

きっと、外側踵辺りではないでしょうか?

それは立方骨が正常な位置から

外れている場合が多いです。

 

足の骨は大小28個の骨(脛骨・腓骨含む)

指の骨と7つの短い骨で構成されています。

踵の骨や指の骨と関節を作る骨

土踏まずにアーチを構成する骨

中でも重要になるのが立方骨!

足の骨に付着している筋肉は密集していますよね。

厚さ(高さ)は約230㎜~270㎜の間に大切な筋肉がギュッと収まっている。

 

みなさんも、起きてから眠るまで

足の裏って地面に着いてるでしょ?

座りっぱなしの事務員さんでも。

正座をし続けている書道家でも。

ただでさえ、詰まっているのに

一日中、体重を支えた状態で詰まっているもんだから

足の骨を一本一本、ひとつひとつ動かしてあげると、

ギュッと詰まっている骨や筋肉に余裕ができ

案外楽になることが多いですね。

 

健康は足元からです!

言われなくてもそんな気しますよね!?

足と頭で全身オートアジャストメント!!

 

 

Susnkytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『図』立方骨

foot51

LINEで送る