おはようございます。

久々に昨夜、寝落ちした村田です。

 

2006年に訪問専門で開業しました。

当初は介護保険満額利用者のために

医療保険でできる施術としてまわっていました。

もちろん、患者さんの多くは高齢者です。

しかし、

しかし、なぜか

私が関わってきた患者さんは50歳以下

10代~40代の若い要介護者(障がい者)が多かったです。

基本、元気なので、症状はすぐに回復しますが

また、すぐに(悪化)戻ります。

治療-回復-悪化-治療の繰り返し。

 

若者は全員女性でした。

よくよく話をきくと全員共通点がありました。

・まじめ

・一生懸命

・ゆとりがない

・いっぱいいっぱい

・責任感が強い

・1番

・頑固

 

逆にいうと…

・認めてほしい人に認めてもらえてない

・愛して欲しい人に愛されていない

・自信がない

・余裕がない

 

もちろん例外で当てはまらない方もおられます。

しかし、多くの方は起きるべくして起きた。

後天性の20代以降、社会人になってからの障害→寝たきり

予防できていれば、今ごくごく普通の生活ができているのに。

 

だから、同じように40代で頑張ってる女性をみると

とても心配になります。

25歳までバリバリに働いていた接客業の女性

人の世話をしたあと、倒れて、そのまま20年…。

過酷な労働環境よりも、女性自身の性格や環境が

大きく影響しているのに、会社のせいにしてしまう現実。

そして、一番認めてほしい人に認めれもらえなかった毎日。

 

50歳を過ぎると、どうやら耐える力が衰えのか

本能的にヤバイと思うのか

休む時は休むことを知るので、大病にはなりにくいようです。

 

患者さんの9割近くは女性です。

それは、今も、昔も変わっていません。

自分を大事にできる人

自分を愛せる人は

他人も大事にできるし愛すこともできます。

 

『セルフラブ』は、長所や短所、自分の全てを肯定できる自尊心で、『自己愛』は、わたしが!わたしが!の自惚れや勘違い自己陶酔になります。あなたのセルフラブは自己愛になっていませんか?自分の良い処から欠点まで全て認めてしまう。それだけで案外楽になれるもんですよ。

 

人の為と書いて偽り

まずは自分を愛しましょうよ!

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』待ち焦がれたベルギーチョコソフト(ミニストップ)6年ぶりにリニューアル!!11/3から発売。食べ物の中でベスト3に入る大好物。ベルギーチョコソフトの海で泳ぎたいくらい(笑)\220

IMG_1066.HEIC

LINEで送る