おはようございます。

iPhoneの面白さに気付き始めた村田です。

Siriからのリマインダー。(^^)/~~~最高です!

 

日曜日は事例&患者様の声

 

■サンスカイセラピー治療院でのお話し。

患者さんに体位変換を求めた。

うつ伏せから仰向けです。

なのに、なかなか仰向けになってくれません。

 

『どしたんですか?』

 

「ふふ、なんか落ち着くねん。」

 

意味が分からなかった。

施術のこと?痛みが減った?ベッドの居心地?

次回来院の時、施術室に案内する時も

 

「あ~、やっぱええわ。落ち着くとこや。」

 

って。

そういえば、患者さん達によくいわれる言葉。

 

「ソファーが気持ちいい」

「トイレが好き」

「落ち着く」

「緑が多い」

「明るい」

「ほどよい風が入ってくる」

「静か」

「なんかいいですね」

 

当院は、骨模型のボーンちゃんはあるけども

いわゆる他院にあるような医療の展示物はない。

壁も白いまんまだし、音楽も流していない。

完全予約制だから、ほぼ患者さんと私だけの空間。

カウンセリングの時やセルフケアの時は会話があるが

施術中は、新患さんだと不安を和らげるために会話するけど

2回以上の来院の場合は、患者さんのペースに合わせる。

要所要所の動作指示意外は沈黙の時もあるからね。

 

治療院に限らず、人を迎える場で

『造花』を飾ってある場と出逢うことがある。

生きてる花と、無機質な花と、そりゃまったく違う。

無機質な胡蝶蘭よりも、

道にさいている小花の方がよっぽどエネルギーがあるでしょ。

 

患者さんは良くなりに来ている。

私たち術者は、患者さんと関わった瞬間

良くなれる『契約』をかわしたようなもんだ。

10の痛みや辛さが、1つでも改善しなければいけない。

治療技術や、施術内容も大事だけども

空間作りや、声掛け、ことばだけでも

痛みの数値は減ることもある。

 

「痛くない!治った!」って言われるのも嬉しいけど

「落ち着く」ってのも実は嬉しいお褒めの言葉。

落ち着くと、自分の姿がよく分かるからね。

 

今週は、月末、月始めの週です。

いよいよ11月に入りますね。

あなたとのご縁、お待ちしております。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』治療院前の花。名は知らない。

IMG_1028.HEIC
 

 

 

 

LINEで送る