おはようございます。

常夏のタイを冒険している夢をみた村田です。

 

先週・今週と急激な気温の変化や秋のイベント疲れで、体調を崩す人が多かったですね。

だれでも簡単にできる予防・事例

 

■丹田

 

寒くなると、お腹が冷えてきたり、胃腸の調子もくるってきます。

・食欲がない

・少食になる

・やけ食いになる

・便秘がつづく

・刺激物・香辛料が欲しくなる

 

胃や腸、実は脳と密接な関係にあります。

肺や心臓は肋骨で守られていますが、

胃や腸、腎臓に、肝臓なんかは、骨で守られていません。

肋骨から骨盤までの、いわゆる脇腹は筋肉になります。

 

『お腹をさする』

これだけでも、かなりの予防効果があります。

やるのと、やらないのはまるで違いますからね。

 

⇒解剖学的には、お腹をさすることで迷走神経が刺激される。

迷走神経は副交感神経の働きが強いため、副交感神経が優位になると、アセチルコリンが分泌され、心臓の拍動が遅くなり、筋肉の緊張を解き、骨格筋を興奮させる。つまり、血流量が増加する。

 

⇒東洋医学的には、丹田をおひさまに当ててあげる。

身体の田んぼ、丹田(胃や腸・臍あたり)を耕す、日に当てる。

身体を耕すと、元気になれる。よく揉んで動かして、へそを空(太陽)に向ける。

つまり、反り腰の反対の姿勢(立禅)。

 

ちょっと、お腹を意識してみてね。

腸は、ちょう~大事だからさ(^^)/~~~

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のようにすべてを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『図』このあたり

e3818ae885b9
 

LINEで送る