おはようございます。

以前、リスクマネージャーをしていた村田です。

 

最近の介護施設では、平成生まれの職員が増えてきました。

 

【知らぬが仏】

知れば腹も立ち悩んだりするけれど、知らなければ平常心でいられるたとえ。

 

まさに、この現象が多いです。

・ブレーキのかかっていない停車中の押し車

・壁の押しピン

・机の上の折り込み広告と湯のみ茶碗

・いつでも出られる透明なガラスドアの玄関

・床に置いてある掃除薬品

 

知らないって幸せな時もあります。

もし、知っていればホントに恐ろしいことって気付きます。

新米のお母さんや、乳幼児と同じですね。

意外と、知らずにやっている方が上手くいったり

新しい発見があったりするもんなんですね。

 

数多くのひやりはっとからアクシデントを経験した

介護職や医療職、人生の先輩方は

『1』を見て『100』の想像ができます。

だから、あれダメ、これダメ、それはキケン!と

怖くてできないコトも多いですが

まったく知らない未経験者だと

知らないから故になんでもできてしまうんですね。

 

昔の高齢者と、今の高齢者

童謡や唱歌から、歌謡曲に変わってきました。

医療介護施設の利用者もドンドン新人類が増えてるんですね。

 

医療職も介護職も、対・人の接客業です。

人って、ドンドン変わります。

時代に応じて進化して行きます。

これからの接客業が楽しみです。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』手作りマッタケ。

IMG_0887.HEIC
 

 

LINEで送る