おはようございます。

バイクで一日60kmほど走る村田です。

 

―☆彡最近思うこと―☆彡

 

うちの患者さんの90%以上は私より年上です。

お仕事真っ盛りの中高年

引退し責任から解放された60代

現役バリバリの70代

優雅で活動的な80代~90代

しかし、訪問(往診)で伺う患者さんは

10代でも、40代、50代、60代でも

なにかしら事情があり身体が不自由な方ばかり。

 

特に、この季節の新患さんは重症者が多い。

既存の患者さんも不調や不穏になることが多い。

季節の変わり目がポイントなんだろうけど

私の経験では、お彼岸近くになると

生死を彷徨う方が増えてくる。

 

外来だと来てくれるので当然『生きてる』が

訪問(往診)だと私が出向くので

会えるまで、ドアを開けるまで分からない。

あれが最期だったのか…って経験もある。

 

だから、直感でヤバイと思った方には

時間の許す限り、だんどりが付く限り

できる限りのことをするよう心がけている。

だって、後悔したくないし、

死にかけの人が復活したのもたくさん見てきたし

その逆もたくさん経験してきた。

今世の最期は、ご縁に感謝で送りたい。

 

■――――――――――――――――■

【一瞬先は闇】だれも分からない。

【今生の別れ】常時、今生の別れ。

だから、施術が終わり別れる時は

【笑顔】で【感謝】で終わるようにしている。

■――――――――――――――――■

 

先日、急患外来(N氏)が入った。

しかし、今から訪問があったため断った。

訪問先に出向くと、訪問患者も急変で

施術どころの話ではなかった。

訪問先から断った急患N氏に連絡した。

次次の患者さん(M氏)に時間変更の許可をもらった。

訪問先から治療院に戻り急患N氏の苦痛を退治。

明日・明後日お彼岸で忙しくなるから助かったと言われ

その言葉に救われた瞬間だった。

先約の次の訪問先へ。

こちらもいつも以上にてんやわんや状態だった。

その後、訪問移動中(岸和田市⇔堺市⇔和泉市)

パトカーやお巡りさんを6組ほど見かけて

白バイやスカイブルー隊(青いバイク)、白チャリ

警邏中のお巡りさんと4組ほどすれ違った。

 

これは【サイン】。なにかの【合図】。経験上。

 

一気にアクセルを戻し、落ち着いて冷静に走行。

次の施術も冷静に、冷静に対応。

戻り、夕方6時に食べれなかった昼の弁当を食べた。

 

サンスカイセラピーは外来と往診(訪問)をしています。

岸和田市宮前町・南海本線『和泉大宮駅』下車・徒歩3分

現在、往診(訪問)地域は、

貝塚市・岸和田市・和泉市・堺市(中区・西区・北区)

すべて紹介・ご縁で回っています。

だから紹介者さんの為にも誠心誠意対応しています。

 

一生のうちに人と出会える数なんてしれています。

まして、人に触られる、

触ることってそうないのではないでしょうか?

あなたは昨日、いや今週、今月、誰かに触られましたか?

誰かを触りましたか?

子供でも奥さんでも旦那さんでも家族でも。。。。ペット以外…。

 

今日は秋分の祝日ですが

数件ご予約を頂いております。

最近、特に思うのは『ご縁』ということです。

ご縁=サイン。感謝に尽きます。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている。

 

『大阪府警の青バイ』

o0410024611260823639
 

 

 

 

 

 

LINEで送る