おはようございます。

早朝からの豪雨にビビる村田です。

(玄関が開かないくらいの雨風)

閉め切った室内は蒸し暑い…

 

今朝は認知症について

少し前までは『ボケ』『痴呆』っていってました。

認知症の種類は大きくわけると2種類あります。

 

①アルツハイマー型認知症

⇒脳の神経細胞の数が徐々に減少・萎縮する病気

 

②血管性認知症

⇒脳梗塞・脳出血・くも膜下出血が原因

 

■□■□■□■□■□■□

 

②は、高血圧や糖尿病、脂質異常など兆候があるので根本の病気治療で予防はできます。

 

①は、周りの人が気付く場合が多いです。

その中でひとつの目安が『振り向き兆候』と呼ばれる行動です。

なにか質問した時に、近くにいてる人に答えを促す、自分では答えない現象でしょうか。

 

同伴者がいてる場合になりますが、

例えば、

『今日は何月何日ですか?』

自分では分からないので、そばにいてる人に聞きます。

『今日の調子はどうですか?』

質問の意味は分かっているけど、どう答えたらいいか分からないから、身近なそばにいてる人に答えを求めます。

 

軽度~中度の認知症の初期目安症状になりますが、重度になると、質問の意味が分からないので『振り向き兆候』は起きません。あと、本当は困っていても、『困っていない!』と答えたり、取り繕うのもアルツハイマー型認知症の特徴になりますね。

 

ちょっとしたことですが、現象や症状、兆候に気付いてあげることが、認知症の理解につながりますね。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

※次週は私なりの認知症の事例を書く予定

 

『写真』先日のボランティアでのクイズ。30人の高齢者が集まったけど、介護保険を使ってる人は2人だけというパワフル元気な集団でした。だって会長が元気溌剌の91歳だからね。

20170909_150655
 

 

 

 

LINEで送る