おはようございます。

夜中になんども起きた村田です。

 

『足が攣ったー!』

みなさんも一度や二度は経験がありますよね。

さて、なぜ足が攣るのでしょうか?

 

多くの足が攣る症状は、

膝から下のふくらはぎ『腓腹筋』が収縮することで起こります。

初めて攣った時はびっくりしますよね~。

 

■原因

・栄養不足

・筋疲労

・水分不足

 

⇒いちばん多いのが栄養不足かと思います。片寄った食事、特にカルシウム不足ですね。牛乳・チーズ・ヨーグルトの乳製品や、豆腐・納豆・大豆、そして、代表的な魚ですね。牛乳摂取は賛否両論ありますので、乳製品以外からのカルシウムを摂ってみるといいです。あとは、乾物なんかの干し物でビタミンDを摂取すると、より吸収されやすくなります。

 

⇒筋肉を過剰に使い疲労した時に起こりますので、ストレッチや、マッサージ、下半身の冷えをなくし温めるようにすると予防になります。

 

⇒年齢とともに水分は取らなくなります。また暑い時に大量の汗をかいて身体中のミネラルがでていき、筋肉が正常に動かなくなることがありますので、足が攣らないためにも、水分補給はとても重要になりますね。

 

■対処方法

・腓腹筋を伸ばしてあげる。

足った状態なら、アキレス腱(踵)を伸ばすように10秒ほどキープ。座れる場所なら、足を伸ばして座り、足の親指を持って手で引っ張り、ふくらはぎを伸ばし10秒ほどキープ。瞬間的にフワッとほどける感じ、血液が流れ感覚になったら、マッサージしてみます。

 

■予防

・バランスのとれた食事(カルシウム・ビタミンB1・マグネシウム・ミネラル)

・筋疲労になる前後に血流を促すストレッチやマッサージ

・水分補給(水でなく、昆布出汁や鰹出汁、スポーツドリンク)

・下半身を温める(血流を補い、気を巡らせる)

 

:事例:

昨日の大会発表会前に仲間に足が攣りました。本人は強烈に焦っていました。どんどん出番が押し迫るなか、攣る、また攣る、順番が近づくにつれて攣る間隔が短くなりました。応急的にケアをしました。腓腹筋を伸ばし、足関節を広げ、血流を促し、気を落とす(下げる)、踵を意識(蹴りだし)してもらいました。無事演武が終了し、詳しく経過を教えてくださいました。原因は上記記述通りです。どっと汗が出てきたそうです。急に汗をかいた場合にも足が攣りやすくなります。お互い無事に表演できてよかったです。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のようにすべてを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『図』対処方法

20151112_32565

LINEで送る