おはようございます。

8月最後の日曜日。ワクワクの村田です。

 

『すみません…。』

何を謝っているのか分からなかった。

 

昨年、O脚の治療をして改善した女性。

嬉しくてあちらこちらに宣伝してくれたらしい。

 

しかし、数日後、急に改善したもんだからわかりやすく言うと、いつもの身体じゃないから、いつもの生活動作をするときに違和感を抱き、〇十年、O脚の生活をしてたのが、一度本気でO脚の治療をして1回で良くなってしまったから身体が別物になってしまい、他の関節や筋肉が痛くなったと。

 

O脚には悩んでいた。

だから本人も努力して治療に臨み改善した。

 

しかし、その後、苦しい生活動作になり

痛くて、苦しくて、辛いとあちこちに宣伝してくれた。

それっきり、もう来なかった。

9か月後、別の症状で再来院。

数度目の来院の時、9か月前の話を教えてくれた。

 

『センセ…、すみません。悪気はなかったんやけど、O脚は治って嬉しかったんやけど、それ以上に、痛くて、苦しくて、辛かったんです。O脚は治していらんから、腰の痛いのを何とかしてほしい。』

 

私は9カ月前、O脚の症状だけに視点がいってた。だから、下肢が真っ直ぐなれば生活もしやすいはずだって。そして、〇十年とO脚で生活してきたから、施術後の生活動作指導、アドバイスもきちんと聞いてくれるはずだと思い込んでいた。でも、歪んだ身体で〇十年生活してて、1回の治療で歪みが取れ真っ直ぐになったら身体からしてみれば、歪んだ身体が正常で

まっすぐで正常な体が『歪んでいる』と認識したのかもしれない。

 

かと言って、生活動作を指導していても24時間付きっきりじゃないし、本人の癖や、習慣があるから、それを変えるのは難を要する。

 

つまり、こうだ

O脚には悩んでいたけど、それなりに生活動作はうまくいってた。

根本の原因はO脚の症状でも、O脚特有の利点?がある。

もっと深堀すると、O脚になった『目的』ってやつだ。

私も、彼女も、改めて気付いた瞬間だった。

痛みの閾値、沸点を超えないラインで施術しつづける。

 

『どうなりたいか?』

 

『どうしていきたいか?』

 

彼女は素直でありがたい。

興奮もするし、反省もする。

魅力ある人の共通点かもしれない。

なぜか、当院を気に入ってくれている。

術者は知らない患者のこと

薬も飲んでれば、他院にも行っている。

当院だけで改善したなんてことはないだろう。

術者は謙虚に親切丁寧に。

意識は高く。態度は低く。

一番は必死のパッチの患者さんの努力なんだから。

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』アリオ鳳にて。

20170822_202706
 

 

 

LINEで送る