おはようございます。

首が痛い村田です。

 

首が痛いと首を回すのが辛いです。

ま、当然です。

そんな時は、自助具(生活補助具)が役に立ちます。

ちょっとしたことで生活が楽になる。

ほんのちょっとのことで楽になるんです。

 

■スプーンの柄を曲げる

利き腕が使ええなかったり

手首が回旋できなかったり

下を向くことが困難な時は

食事をするのも億劫になります。

でも、スプーンやフォークの柄を90℃位曲げてあげると

案外、楽に口に運ぶことが出来ます。

 

ほんとに、ちょっとしたことなんです。

 

■スプーンの丸みを平たくする

スプーンの先が丸いと食べ物を上手く乗せれません

お皿は机の上にあります

健常者なら両手を使って食べれますが

片腕ならお皿は机の上に置いたままですよね。

スプーンですくう時に、お皿の内側の丸みと

スプーンの丸みで接触面が少なくなり

ほぼ、なにも乗せれないことが多いです。

(特に、ゼリーとか)

昔あった紙のスプーンとか

先っちょをまっすぐに切ってあげると

食べものをスプーンにのせることができます。

 

ちょっとのことで生活が楽になる

生きるのに困っている人

食事が一番大事なこと

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『図』自助具

201405_pickup12_m-300x202
img187_1174e2825765_32

LINEで送る