おはようございます。

台風一過の朝、なんども起きた村田です。

 

昨日の緊急速報メール

何度も、何度も、鳴りました。

一回目は、ドキッっとしますが

4回目以上になると、内容を見ずに消してしまいます。

送信者と受信者の認識の差でしょうか。

 

昨日も、大雨、暴風の中

3件ほど要介護者の家を訪問しましたが

窓を閉め切って、クーラーをかけていると

町内のスピーカーから放送される

市役所からの緊急放送はまったく聞こえません。

 

独居の要介護者からは

『外はどんな感じ?雨降ってる?』

って聞かれてビックリしました。

 

ご高齢で独居の自立の方は

雨の中、合羽を着て自転車で当院までお越しくださいました。

孫に送ってあげると言われてんけどな~って。

、、遠慮せずに孫に甘えてください。

 

要介護度は軽い順から

要支援2・1-要介護1・2・3・4・5

私が関わってる介護保険利用者は

高齢者ほど要支援で、年齢が若くなると要介護の方が多いです。

80代後半になると、介護保険は使わず、自立されてますね。

 

昨日心配したことは

防災時の高齢者の心理状態です。

町内放送は聞こえない。

同じ様なテレビ番組だから消してる。

携帯の緊急速報メールの音にビックリして

内容はいつもと違う形式だし、メールだから読めない。

防災の認識の違い。

一般のサービス業は休業だったのに、介護保険施設デイサービスは営業していました。利用者目線なら助かりますが、暴風大雨警報で進路が大阪直撃の中、電車も飛行機も止まってるのに、営業されてるデイサービスには疑問しかなかったですね。利用者もスタッフも複雑な思いで一日過ごされていました。

 

10~20年前の老人達(生きてたら100歳前後)は、室戸台風(S9)・伊勢湾台風(S34)第二室戸台風(S36)を経験しています。

その時のお話を何度も聞きました。床上浸水、汚水まみれ、家は流され、台風は恐怖でしかないと。

 

今日は立秋、台風のシーズンです。

天災は想像以上のPowerを持っています。

備えあれば患いなしです。

今後の防災の進化を期待します。

 

Susnkytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『ラピュタ』龍の巣

o0800045013699390683
 

 

LINEで送る