※下記私が書いた“ムチン”ブログは、間違いだそうです。

記憶のために、消さずに置いておきます。

正解は、下記の生物工学会誌 第97巻 第1号 解説(2019年)

ムチン奇譚:我が国における誤った名称の起源 丑田公規氏著

https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9701/9701_kaisetsu.pdf

 

教科書はウソと思え!!尊敬する師の口癖です。

情報はどんどん変化し、進化していきます。

記録を残し、時代の移り変わりの記憶にしておきます。 2022/02/24

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。

浮気しました。。。

れいちゃんからなおちゃんに…

他を知り初めて元に気付きました。

“金麦”の良さ(*^^*)♪

(CM:金麦檀れい⇒プライムリッチ松下奈緒)

 

水曜日ブログは食養生

今朝は夏野菜のオクラ

 

■栄養

なんといってもネバネバですね。

ワンピース風にいうなら『ネバネバの実』

その正体は…

◯ガラクタン:動脈硬化・認知症の予防

◯ペクチン:コレステロール・血糖値の上昇を抑える

◯ムチン:胃の粘膜の保護・疲労回復

たんぱく質の消化吸収がメインですね。

あと…

◯β―カロチン:レタスの3倍

⇒体内でビタミンAに変換:視力・髪の毛の健康維持

◯カリウム:むくみの解消

◯カルシウム:骨を丈夫にする・鎮静効果

◯ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2:アンチエイジング効果

 

【ネバネバ系の混ぜ混ぜスペシャル】

・オクラ

・ヤマイモ

・納豆

・メカブ

ヤマイモは手に入らなくても、他は割と手に入りやすいですね。

⇒滋養強壮効果・健康脳効果

 

食養生

結局は旬には旬の物を

なんで、この暑い時に

ネバネバ系の食材ができるのか

答えは自然が知っていましたね。

 

ネバネバ食べて胃腸を守り

ツヤツヤ活き活き元気よく!!

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』オクラのピリ辛和え

20170721_072505
 

LINEで送る