おはよございます。

海外旅行はアジアが多い村田です。

 

水曜日は食養生。

先日、初めて“空心菜”を買いました。

そ、茎が空洞の野菜ですね。

空心菜は中国名で

本名?はヨウサイというそうです。

調理された空心菜は食べた事ありますが、

調理前の生の状態を見たのは初めてでした。

って、なんの葉っぱか言われないと分からないです。

空を飛ぶから空心菜!!

ってなんかで聞いたことがありますが、

それは、ウソでしたね・・(笑)

中が空洞なので、味がよく絡んで美味しくいただけました。

 

■栄養

・β―カロチン

⇒老化防止・抗発ガン作用

 

・カリウム・ビタミンB1B2

⇒夏バテにはもってこい

 

・カルシウム

⇒実は豊富に含まれてて骨を丈夫にします

 

・鉄分・葉酸

⇒赤血球を増やし貧血予防

 

空心菜の旬は7月~9月の暑い時期です。

だって、茎が空洞になってるんだから

空心菜の立場になってみると

どう考えても冷却するためではないでしょうか!?

 

■食養生

暑い時期にできる野菜には

人間にとっても、とても重要な栄養を多く含む

自然界はよくできていると思います。

人間メイン=夏バテ防止(生の継続)

夏野菜メイン=種の保存

 

夏野菜を食べて暑い夏をのりきりましょう!

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真①』空心菜炒め。ごま油と塩で。※写真②。鍼灸師はどうしても『鍼管』に見てしまう性。

20170716_194851
20170725_181455_Burst01

LINEで送る