おはようございます。

寝汗びっしょりの村田です。

 

汗をかく季節がはじまりましたね。

梅雨時のジメ~とした汗・・・・。

汗にもいくつか種類があります。

多くは、体温を下げるための汗です。

 

①暑いから体温を下げるための汗。

 

②緊張からのストレスで汗がでる。

 

③ホットフラッシュ・ホルモンバランス・更年期

 

適度な汗は正常な証拠なんですが

出過ぎる汗や、でない汗でも大変ですね。

汗を止めるいくつかの方法があります。

 

①の暑いからでる汗の場合は

ただ、冷やせばいいです。

脇や、首筋、股間、関節を冷やします。

皮膚表面を冷やすのでなく、血液を冷やします。

 

②の緊張からの汗の場合は

リラックス、落ち着く事が大事です。

手のツボ、小指の外側『後谿』や

有名所の、母指と示指の間『合谷』を

じわ~と5秒ほど押してみます。

 

③ホルモバランスの崩れは

有酸素運動や食事のセルフケアを行います。

目的は、運動神経のバランスを整えたり

ストレス発散になります。

食事は、大豆製品が女性ホルモンに似ているので

イソフラボンを摂るようにします。

上半身が火照り、下半身が冷えている場合が多いので

下半身を温めてあげることで予防にもなります。

 

舞妓さんの汗が出ないのは

帯で、胸をギューと締め付けているからです。

あまりにもヒドイ汗かきの場合は

両胸の横を親指で押さえてみると痛い場合があります。

 

皮膚を診れば体内の様子が解ります。

汗は、体内の不純物を出しています。

適度な汗を出すことで、体内の浄化になります。

私の勝手な統計ですが、

汗かきさんは、元気で長生きの人が多いですね。

 

サンスカイセラピーは駅から徒歩3分。

ちょうど、汗が出始める頃に着きます。

南海本線、『和泉大宮駅』下車

http://www.therapy-kanku.com/

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『Sweat & Tears』1986年。瞳から汗を からだじゅうに涙を…(THE ALFEE)

51y7VcaocdL._SY355_
 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る