おはようございます。

爆睡してしまった村田です。

 

今日は『舌』

舌といえば、ローリングストーンズ?牛タン?

舌を動かす筋肉、通称『舌筋』

舌の位置を変える外舌筋

(茎突舌筋・舌骨舌筋・オトガイ舌筋)

舌の形を整える内舌筋

(上縦舌筋・下縦舌筋・横舌筋・垂直舌筋)

 

舌を動かしているのは舌下神経

そ、舌を動かしているのは脳神経の舌下神経なんだ。

つまり、舌異常で脳の検査を診ることができるんだ。

かんたんな検査はゴクんと飲みこむ『嚥下反射』や

おぇ~っと吐いてしまう『嘔吐反射』なんかがあるね。

 

そして、何をいっても舌は身体の真ん中

正中線上にあるでしょ。事実はここがミソ。

舌の上下左右前後に動かすことで

正中線から刺激されて各関節可動域があがるコトがあるんだ。

下顎骨から舌まで、側頭骨茎状突起から舌まで。

舌を動かしてあげるだけで

表情筋が動き小顔になったり脳が活性化する

唾液の分泌が促され、口臭予防にもなる。

 

<!>一日30秒

①舌を前出し

②ひっこめ

③右向き

④左向き

⑤丸めこみ

5個の動きを各6秒程度保ってみよう!!

喉の奥が楽になるから、身体が軽く感じるよ!

 

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『図』ネットより。

cee5ff3f-9e0d-4a01-aece-218079531577
 

LINEで送る