おはようございます。

祝日病院に行った村田です。

 

この1週間、家族が3回救急車で運ばれました。

以前、救急病院で働いていたこともあり

患者さんの気持ちや

待合い室の家族の気持ち

冷静沈着な夜勤職員の気持ち

若い若手の当直担当Doctorと

目に付き、気になる点がいっぱいあったのも事実です。

 

救急なので、救急の処置になります。

異常が無ければ帰らされます。

トレアージで優先順位が決まり

緊急性の高い患者さんが優先されます。

 

事故や怪我、外傷での救急なら

処置から完治までの経過は想像できますが

目に見えない症状、例えば…、

頭痛や、胸が苦しい、お腹が痛い、超高血圧等

だと、検査してみないと分かりません。

 

患者さんが一番不安になるのは

この『分からない』なんですよね。

①病院に行った時点で1回目の安心はします。

②検査を受けて異常無ければ2回目の安心です。

③その後も症状がなければもう安心です。

 

しかし、②や③で安心感を感じてもらうには

一番必要なことがありますよね。

なんと言っても家族(親友)とのかかわりです。

 

離れて住んでいる家族

一人暮らしの家族

体調を崩すといきなり妙な不安に押し迫れます。

そして、体調を崩した原因を一生懸命探します。

寝不足かな?疲れかな?不摂生かな?

 

実は、この奥に潜んでいる

もっとも大事なことが原因を作っているんですよね。

原因を作っている『目的』

この『目的』が解かり解決できれば

原因は起きないし、症状という『結果』も起こらない。

 

いつでも見てるよ

心配しているよ(こころ配り)

気にかけているよ

ってとこが相手に伝われば

今後の予防へとつながっていきます。

※心配させるのも一つの手ですけどね。

 

みんな安心したいんです。

以前『膝の水たまり』の相談を受けました。

定期的に病院で水を抜かれているそうです。

アドバイスをして素直に実行されてくれていました。

『水たまり』は減り、正座もしやすくなったと言われました。

 

メールでのレスポンスは国内にいてる限り

24時間以内を心がけています。

今のところ100%継続中

http://www.therapy-kanku.com

 

小さなことからコツコツと

目の前の人を豊かにすることが

地域貢献、社会貢献へとつながる

Sunskytherapy

太陽のように美しく照り輝き

空のように全てを包み込む

セラピストに成っていっている

 

『写真』満開になりつつあるツツジ(岸和田兵主神社)

20170505_081346
 

 

LINEで送る